庭木図鑑 植木ペディア > ピラカンサ

ピラカンサ/ぴらかんさ

Firethorn

トキワサンザシ 画像 赤い実
秋には赤い実がたわわに実る
ピラカンサ,葉っぱ,ぴらかんさ
新葉の様子
トキワサンザシ トゲ
ピラカンサの葉
棘のある木,赤い実,ぴらかんさ
枝にはトゲがあって扱いにくい
トキワサンザシ,つぼみ
蕾の様子
白い花,トゲ,ぴらかんさ
ピラカンサの花
ピラカンサスの赤い実 画像
ピラカンサの実
ピラカンサの木
棘のある枝が四方八方に伸び、樹形はまとまりにくい
常盤山査子,生垣,ぴらかんさ
棘をいかして垣根に使うことも多い
ぴらかんさの木
樹皮はピカピカしている

【ピラカンサとは】

・南ヨーロッパ及び西アジアを原産とするバラ科ピラカンサ属の常緑樹。明治時代の中期に日本へ渡来した。花や秋にできる実がサンザシに似ていること、常緑であることから「トキワサンザシ」との別名がある。

 

・日本でピラカンサと呼ばれるのは本種とタチバナモドキ、ヒマラヤトキワサンザシの3種。タチバナモドキの実は黄色く、ヒマラヤトキワサンザシは本種よりも全体に大振りで、実の数が多い。

 

・開花は5~6月で、直径8ミリほどの小花が多数集まって花序を作り、木全体に咲く。

 

・花の後には直径6ミリほどの実がなり、10~11月ごろになると真っ赤に熟す。生け花、切花に利用され、艶やかで美しいが有毒なタンニンを含むため食用にならない。霜に当たって毒性が弱くなった頃、ツグミ、ムクドリ、オナガ、ヒヨドリ、メジロ、ジョウビタキ、シロハラ、カワラヒワなど多数の野鳥がついばみ、これらの糞によって種子が拡散される。

 

・葉は幅1センチほど。枝にはトゲが多いため防犯を兼ねた垣根に利用されることがある。

 

【ピラカンサの育て方のポイント】

・日向であれば土質を選ばず、元気に成長する。

 

・成長が早く、樹形が乱れやすいため、定期的な剪定が不可欠。放任すれば高さ6mにも達する上、枝が四方八方に広がって手のつけようがなくなる。

 

・挿し木で容易に増やすことができるもののトゲが多く、植える場所には気を付ける必要がある。また、剪定後の切り屑の扱いが厄介。

 

【ピラカンサの品種】

・ハーレークイーン

 葉にピンクなどの模様が入る、いわゆるカラーリーフの品種。葉色が明るく見えるため現代的な家屋にはより調和する。  

ぴらかんさの種類
ハーレークイーン

 

【ピラカンサに似ている木】 

タチバナモドキ

 季節になると一緒に店頭に並ぶオレンジ色の果実がなる木。タチバナモドキの果実は扁平しており、葉の裏側に綿毛があるのが特徴。果実の色と形がミカン(タチバナ)に似ていることからタチバナモドキと呼ばれる。

 

ベニシタン

 コトネアスターの一種で、ピラカンサと同じような感じで秋に赤い実をつける。樹高はピラカンサより低く、枝にトゲがない。花の様子は全く異なる。

ピラカンサの基本データ

 

分類】バラ科/トキワサンザシ属

    常緑広葉/低木

【漢字】─(ぴらかんさ)    

【別名】ピラカンサス/トキワサンザシ

【学名】Pyracatha coccinea

【英名】Firethorn

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~6m

【用途】垣根/公園/盆栽

【値段】1000円~