庭木図鑑 植木ペディア > ハマゴウ

ハマゴウ(浜香)

Round leaf chaste tree

はまごう,香
花言葉は「愛の喜び」 木全体にミントのような香りがある
香り,薬効
ハマゴウの新葉
ハマボウ
葉の裏面は白い
ハマボウ,特徴
枝葉をちぎると手がベトつく
浜這
樹高は60センチほどになる
ツボミ,つぼみ
ハマゴウの蕾
浜の香り
開花は7~9月で、下から順に咲く
ハマボウの花,画像
4つの雄しべと1つの雌しべが花の外に突き出す
実は熟すと淡い黒色になる
実は熟すと淡い黒色になる
ハマゴウの木
果実は水に浮かんで河川を渡る

【ハマゴウとは】

・北海道を除いた日本全国の海岸砂地に自生するシソ科の常緑低木。暖地の海岸に多いことから、北の海浜植物の代表であるハマナスとの対比において、南を代表する海浜植物とされる。木全体にミントやユーカリのような香りがあり、古来からハーブのように親しまれる。

 

・名所は世界遺産として知られる広島の宮島や香川の有明浜など。海岸の開発によって自生の群落は激減しているが、丈夫な性質と複雑に入り組む根を持つため、海岸の砂防を目的として人為的に植栽されることも。日本以外でも東南アジアの各地やオーストラリアに分布する。

 

・開花時期は7~9月で、枝先から伸びた円錐状の軸に、唇型をした青紫色の花を咲かせる。暑い盛りに咲く花は涼しげだが、晩秋に返り咲きすることもある。 

 

・花の後にできる実はアズキくらいの大きさで、他の部位よりも強い芳香がある。中に含まれる直径5ミリほどの種子は、漢方において蔓荊子(まんけいし)と呼び、これを煎じて飲めば、強壮、鎮痛に薬効があるという。また、花や実は果実酒に、材は線香に、灰汁は染料に使うことができる。

 

・枝は砂の上を這って伸び、地面との接点では新たに根を生じながら繁茂していく。葉は縁にギザギザのない楕円形で、枝から対になって生じ、長さは2~5センチほど。裏面は銀白の柔らかな毛で覆われており、これによって潮風や乾燥に耐えている。 

 

・ハマゴウという名は「花が香る=花香」に由来する。また、別名のハマボウは、砂地を這う(はう)様子による。なお、ムクゲに似た花を咲かせ、沖縄でユウナと呼ばれるのはアオキ科のハマボウであり、本種とは異なる。 

 

【育て方のポイント】

・性質はかなり丈夫であり、根が砂から飛び出しても枯れず、砂浜の波打ち際まで這って広がるほど耐潮性があるが、日当たりの良い暖地を好み、北海道では育たない。

 

・一般的には一年じゅう葉のある常緑樹として扱われるが、地域によっては冬季に落葉することもある。

 

ハマゴウの基本データ

 

【分類】 シソ科/ハマゴウ属

     常緑広葉/低木 (時に落葉性)

【学名】 Vitex rotundifolia

【別名】 ハマボウ/ハマホウ/ハマカズラ/ハマハイ/ハマシキミ

【成長】 やや早い

【移植】 簡単 

【高さ】 0.3~0.6m 

【用途】 海浜公園/洋風庭園/アロマ        

【値段】 500円~