庭木図鑑 植木ペディア > ジンチョウゲ

ジンチョウゲ/じんちょうげ/沈丁花

Winter daphne

じんちょうげ,木
花言葉は「栄光」「不滅」など 
ジンチョウゲの木
冬のうちから蕾が見られる
沈丁花,開花期
春が近づくにつれて蕾は大きくなる
沈丁花の開花
関東での開花は3~4月
Winter daphne,flower in Japan
花弁のように見えるのは「萼」であり、花弁はない
沈丁花,じんちょうげ,花,時期
上から見ると小花の集合体であることが分かる
Winter daphne
開花期の様子
ジンチョウゲ 葉っぱ
葉は肉厚で光沢がある
沈丁花 枝 画像
枝は赤みを帯び、見分けやすい
沈丁花,じんちょうげ,樹形
樹形は放っておいても丸くなる
センリコウ,センリバナ,幹
古い樹皮は褐色に

【ジンチョウゲとは】

・中国本土南部及び台湾中北部を原産とするジンチョウゲ科の常緑低木。早春に咲く花の姿は地味だが、上品な甘い香りを放って春の訪れを告げ、クチナシキンモクセイと共に「三大香木」あるいは「三大芳香花」とされ、庭木、公園樹及び鉢植えとして親しまれる。

 

・日本へ渡来したのは室町時代のこと。北海道南部以南の日本各地で古くから育てられるが、本州西南部での栽培が特に多い。「ちんちょうげ」と呼ばれることもあるが誤用で、名の由来には、熱帯アジアに産する香木である「沈香(じんこう)」と「丁字(ちょうじ)」を兼ねるほど高い香りがあるため両者の名を合わせて「沈丁花」となったという説、単に沈香が転訛したとする説がある。

 

・漢名は「瑞香」「紫丁香」「蓬莱紫」など。学名にある「odora」は芳香があることを意味し、花の香が千里先まで届くことを意味する「千里花」や「千里香」という別名もある。茶道の心得を説く「利休百首」では、匂いがきついとして茶花としてのジンチョウゲを禁じている。

 

・開花は3~4月。前年に伸びた枝の先に6~20個の小花が半球状に群れて咲くのが普通だが、稀に葉の付け根にも開花する。花には花弁がなく、花弁のように見えるのは、先端が四つに裂けた筒状の萼。その内側は白色だが外側は紅紫になり、花に彩を添える。

 

・ジンチョウゲは雌雄異株だが、日本に渡来したのは雄株のみとされる。雄しべは8個あって萼の上下に4つずつ見え、中心部には退化した雌しべがある。古い民間療法では擂り潰した花でうがい薬を作り、咽頭炎に用いたという。

 

・果実がなる雌株は稀だが、雌しべの機能が復活した両性花を持つミナリジンチョウゲがあり、結果することもある。果実は直径1センチほどの楕円形で枝に4~6個ずつでき、7月頃に赤く熟すが、食用にはならない。種子は淡い褐色をした直径5ミリほどの球形で、かじると強い辛味がある。ちなみにジンチョウゲの仲間には同様に辛い種子のできるコショウノキがあり、関東南部以西に分布する。

 

・葉は厚いなめし皮質の長楕円形で長さ5~10センチ、幅2~3センチほど。縁にギザギザはなく、枝から互い違いに生じ、葉柄は短い。表面は光沢があり、成葉では四季を通じて濃緑色になるが、裏面は淡い緑色になる。葉脈はいずれもはっきりしない。

 

・ジンチョウゲの学名にある「Daphne」はゲッケイジュのギリシャ名に由来し、葉の形が似ることによるという説があるが、実際はあまり似ていない。ジンチョウゲの葉を突き砕いた煎汁を「おでき」の吸出しに使うという民間療法があるが、茎葉の汁液には有毒なダフネチンを含んでおり、触れれば皮膚炎を、誤食すれば口内炎や胃炎を引き起こす。

 

・主だった幹はなく、多数の枝が規則的に分岐しながら育ち、刈り込みをせずに育てても球状の樹形となる。幹の直径は最大でも10センチほど。強靭な繊維に富む樹皮は切りにくく、和紙の原料になる。

 

【ジンチョウゲの育て方のポイント】

・寒さにやや弱く、温暖な地ほど生育がよい。冬季に土の表面が凍結する地方では鉢植えで管理するか、根元にマルチングを施すのが無難。

 

・生育環境にナーバスな扱いにくい植木の代表であり、軽くて腐植質に富み、適度に湿った弱酸性土、強い風や西日の当たらない暖かな半日陰地を好む。粘土質土壌、アルカリ土壌、痩せ地、過湿地、乾燥地、日差しの強い場所は嫌い、突然枯れることがある。  

 

・幼樹は移植できるが成木の根は太くて柔らかく、切り口がふさがりにくいため移植が難しい。植栽場所は慎重に選ぶ必要がある。

 

・環境が合えば丈夫に育ち、若い木でも開花する。剪定に適した時期は花後1か月以内。剪定に耐えるが、一度に強く刈り込むのは避けた方がよい。

 

・大気汚染や病害虫に比較的強いが、風通しが悪いとアブラムシやカイガラムシ等の被害に遭う。また、一般にジンチョウゲは寿命が短く、10年ほどで枯れる上、実がならないため、挿し木で繁殖させるのがお勧め。

 

【ジンチョウゲの品種】

・フクリンジンチョウゲ

 葉の縁が不規則にクリーム色に縁取られている品種で、原種よりも全体に明るい雰囲気となる。洋種の「ダフネメゼリウム」という品種もある。

 

・シロバナジンチョウゲ

 花の内部も白い品種。コショウノキに似るが、花弁のような萼筒部分に細毛がない。

 

・ウスイロジンチョウゲ

 花の外側が淡い紅色になる品種。

真っ白の沈丁花,じんちょうげ,白花,画像
花全体が白いシロバナジンチョウゲ
ジンチョウゲじんちょうげ,種類,画像
葉の縁に模様が入る「前島」という覆輪品種

 

【ジンチョウゲに似ている木】

・ジンチョウゲの仲間は世界に広く分布し、約450種類もあるという。強靭な樹皮を紙の原料とするものが多く、日本ではミツマタ、ガンピ、ゴモジュオニシバリ(ナツボウズ)、ナニワズ、カラスシキミなどが知られる。 

 

【ジンチョウゲに名前が似ている木】

シチョウゲ  

 ハクチョウゲの仲間で紫がかった花を咲かせる。名前が似ているだけでジンチョウゲとは関係ない。

ジンチョウゲの基本データ

 

【分類】ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属 

    常緑広葉 低木

【学名】Daphne odora

【別名】ジンチョウ/チョウジ

    チョウジグサ/リンチョウ

    チンチョウゲ/センリバナ

    センリコウ

【成長】遅い

【移植】難しい

【高さ】1m~2m

【用途】花木/公園/街路樹 

【値段】600円~