サカキ(榊)

Japanese cleyera

榊 葉っぱ 写真
サカキの葉は日陰の物ほど、光沢があって美しい
榊,生垣,神社
サカキの垣根を参道に用いた例(根津神社)
神棚に使う葉っぱ 種類
神社に植えるのが一般的だが・・・
神棚に使う 葉 木 種類
神棚に使うために、庭で育てる家庭もある
神棚に使う葉っぱ
サカキの葉は縁にギザギザがない
サカキ,木,特徴
枝先にあるツメのようなコレが特徴
Japanese cleyera,leaf,picture
葉の裏側の様子 大きな特徴はない
榊 種類
剪定せずにおけば樹高は10m程度になる
Japanese cleyera,flower
蕾の様子
榊の花 画像
花は葉陰に潜んで、見付けづらい
榊の木の実
花の後には緑色の実ができて・・・
榊 実 画像
晩秋に黒く熟す 
榊 葉っぱ 赤い
葉は冬の寒さで赤茶色に焼けることがある
サカキ,木,幹
サカキの樹皮の様子 材は床柱、天秤棒、杵などに用いられた

【サカキとは】

・本州中南部(茨城県~石川県)以西の山林に分布するツバキ科の常緑広葉樹。「榊」という漢字が示すとおり、神事に用いられ、神社境内や墓地に植えられることが多い。光沢があって水平に広がる枝葉は、紙垂を付けて「玉串」とし、神前に供えるのに扱いやすい。 

 

・サカキの葉は枝から互い違いに生じ、表面に光沢がある。小枝の先にある葉芽が、鳥の爪のような鎌型になるのが特徴。葉には個体差があり、葉柄が赤いもの、緑色のもの、葉が長細いもの、丸っぽいものなど数々のバリエーションがあるが、モチノキに似たものを特にモチサカキという。

 

・初夏になると葉の脇に画像のような花を咲かせる。直径1.5センチほどで下を向いて咲くため、開花期でも気付かれないほどだが、顔を近づければ微かな芳香がある。咲き始めの花は真っ白だが徐々にクリーム色になる。

 

・秋から冬にかけて黒紫の実を付ける。実は画像のような球形で果汁が多い。

 

・名前の由来には、葉が一年中青く栄えていることから「栄える木」、これが転じてサカキとなったという説や、神の世界と人間界の境に植える木を意味する「境木」からサカキとなったという説がある。地方によってはツバキサザンカのことをサカキと呼ぶことがある。

 

・玉串として神棚に捧げる木としては本種のほか、オガタマノキヒサカキが一般的である。オガタマノキは九州を中心とした暖地で、それよりも北ではサカキが使われ、サカキが育たない地域ではヒサカキを用いることが多い。地方によってはシキミカシソヨゴマツイチイモミを用いる。

 

【育て方のポイント】

・本来は日向を好むが日陰にも強く、植え場所を選ばない。ただし、日陰では枝葉が間延びしやすく、日向では葉の色がきれいになりにくい。 

 

・病害虫には強いが、暖地性の木であり、寒さが厳しい場所では育てられない。茨城県辺りが植栽の北限になる。 

 

・枝葉の出方が荒いため、手入れの頻度は低くてすむものの、樹形を整えにくい。刈り込みには耐えるが葉を利用するのであれば刈り込みバサミの使用は避けたい。 

 

【サカキの品種】

 以下のように葉に模様の入る複数の品種がある。

サカキの種類 品種
「覆輪」と呼ばれるサカキの一品種 神棚には使えない
サカキの木,種類
「残雪」は模様がさらに派手め
サカキ 品種
「トリカラー」と呼ばれる品種 これも神棚には・・・

 

【サカキの仲間の見分け方】

 サカキと名が付く木には他にもヒサカキハマヒサカキなどがある。いろいろと見分ける方法はあるが、細かなことを抜きにすれば葉が大きい順に、①サカキ、②ヒサカキ、③ハマヒサカキとなる。

サカキの種類 区別
サカキ
区別 サカキ
ヒサカキ
榊の見分け方
ハマヒサカキ

・庭木としてはヒサカキの利用が最も多い。サカキの葉が長さ7~10センチであるのに対して、ヒサカキは長さ3~7センチと小さいので、容易に見分けられる。また、ヒサカキは枝葉が密生するため、いろいろな形に刈り込んで使用しやすい。

散斑ヒサカキ「☆」

散斑ヒサカキ「☆」
価格:1,620円(税込、送料別)

サカキの基本データ

 

【分類】 ツバキ科/サカキ属

     常緑広葉/小高木 

【学名】 Cleyera japonica 

【別名】 ホンサカキ(本榊)/マサカキ(真榊) 

【成長】 やや早い 

【移植】 難しい。根付きにくい。 

【高さ】 5m~10m 

【用途】 垣根/寺社 

【値段】 500円~