庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ミズヒキ

ミズヒキ(水引)

みずひき,草花
ミズヒキは薄暗い場所に多いが縁起物で、花言葉は「慶事」など
山野草,画像
花が真っ白なギンミズヒキ(銀水引)
ミズヒキの花,画像
花の軸は20~40センチほどになる
みずひきのはな
ミズヒキの花 実と区別がつけにくい
ミズヒキの実
実はまばらで紅白が半々の色合いになる
みずひき,葉っぱ
葉にはこうした模様が入ることもある
水引,植物
葉の裏面は葉脈が目立つ

【ミズヒキとは】

・日本全国の山地や平野の路傍、藪などに見られるタデ科ミズヒキ属の多年草。紅白に彩られる実の様子を、祝儀袋などに使う水引に見立てて命名された。日本以外でも中国、朝鮮半島、ベトナムなどに分布する。

 

・茎は毛が多く、節は膨れる。葉は長さ5~15センチの楕円形で先端はやや尖り、茎から互い違いに生じる。時折、表面に黒っぽい模様が左右対称に入ることも。

 

・開花時期は8~10月で、茎の先端から長さ20~40センチほどの細い花軸を数本生じ、直径2~3ミリの花がまばらに咲く。花には1本の雌しべと5本の雄しべがあるものの花弁はない。花弁のように見える十字型の「萼片」が紅白に色付くが、上半分が紅く、下半分が白いため、花を上から見れば紅く、下から見れば白く見える。

 

・花のすぐ後にできる実も紅白の「萼片」に包まれているため、見る角度によって紅白のいづれかに変わる。実にはフックのようなもの(鉤状に変化した花柱)があり、通りがかった動物の身体に付着して拡散される。

 

・萼片が紅白にならない=花が白く見える個体をギンミズヒキ(銀水引)、紅白がランダムに入り混じったものをゴシキミズヒキ(五色水引)、葉に白い模様が入る個体を斑入りミズヒキという。また、ミズヒキは草全体に茶色の粗毛が多いが、これが短くてまばらなものをシンミズヒキとして区別する場合がある。

 

【開花時期】

・8月~10月

 

【花の色・品種】

・紅白

 

【背丈】

・50~80cm