庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ミズバショウ

ミズバショウ/みずばしょう/水芭蕉

ミズバショウの花が咲いている
ミズバショウは夏に咲くが春の象徴・・・?
みずばしょう,有毒
ミズバショウの小苗
水芭蕉,葉っぱ
花が終わると葉はひたすら巨大化に向かう
べこのした,葉っぱ
葉は芭蕉に似るが、地方によっては牛の舌に似るとする
ウシノベラ,ウシノベロ,葉っぱ
裏面の様子

【ミズバショウとは】

・北海道~本州中部に分布するサトイモ科の多年草で、湿原や湿気の多い林内に分布する。「夏が来れば思い出す~」で始まる唱歌「夏の思い出」の影響から、高原の花のようなイメージが広がっているものの、北海道や日本海側では平地にも見られる。

 

・同様に「夏の思い出」の印象から、夏の花のような印象があるが、開花は旧暦の夏にあたる5~7月。春が遅い北国に春の訪れを告げる象徴的な花とされ、現代人の感覚でいう夏には花が終わっていることも多い。

 

・白い花びらのように見えるのは、葉が変形した「苞(仏炎苞)」と呼ばれるもの。本当の花は長く伸びた花茎の先端にある黄色い部分。花の外形は六角形で、4枚の花びらの中に雌しべが1本、雄しべが4本ある。花茎は10~45センチでまで伸び、花の後には果実ができる。

 

・葉は長楕円形で、花の咲き始めには苞の脇でかわいらしく佇んでいるが、夏には幅30センチ、長さ80~100センチにも達する。葉の様子がバナナの仲間であるバショウに似て、水場を好むため水芭蕉と命名された。

 

・若葉には黒い斑点模様が多く、その様子と葉の形やサイズを牛の舌に擬え、ウシノベロ、ウシノベラ、ベコノシタと呼ぶ地方もある。

 

・ミズバショウの茎葉の汁液には蓚酸カルシウムが含まれており、触れたり誤食したりすると口内炎、かぶれ、嘔吐、下痢、痙攣などの症状を引き起こし、最悪の場合は心臓麻痺や死に至る。清楚な花の印象とは裏腹に株全体に特有の臭気を持つのはこの兆候か。

 

【開花時期】

・5月~7月

 

【背丈】

・40~100cm

 

【ミズバショウに似ている草花】

・ザゼンソウ(座禅草)

 3月頃に緑あるいは褐色の苞に包まれた花を咲かせる。花の様子を座禅する僧侶に見立てて名付けられた。