庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ミズトラノオ

ミズトラノオ/みずとらのお/水虎の尾

Mizu-toranoo

水とらのお,花
開花は晩夏~初秋 花にはチョウがよく集まる
水草,紫の花
水草としてビオトープやテラリウムに使われる
みずとらのお,植物
茎葉のの様子
水虎の尾,開花
萼は花弁(花冠)と同じ色で、軟毛がある
育て方
丈夫な性質を持ち育て方は難しくない
海南町,水とらのお,オランダプラント
花の名所は徳島県海陽町で、群生が見られる

【ミズトラノオとは】

・本州、四国及び九州に分布するシソ科ミズトラノオ属の多年草。名前のとおり湿地を好み、かつては各地の水田や水深の浅い池に見られたが、年々自生の個体数は減っており、環境省のレッドリストでは絶滅危惧に指定される。日本以外では朝鮮半島に分布。

 

・開花期は8~10月。水生で尻尾のような形をした紫の花が咲くため、ミズトラノオを名付けられた。別名はムラサキミズトラノオ。

 

・茎の先端に生じる花穂は長さ2~8センチの円柱状で、多数の小花が集まってできている。小花の花冠は四つに裂け、4本の雄しべが突き出し、その中程には長めの縮れた毛が密生する。

 

・葉は長さ3~7センチ、幅2~5ミリの線形で縁にギザギザはなく、3~4枚が茎から輪状に生じる。柄のほとんどない葉はいかにも水草らしく、アクアリウムやテラリウムでは「オランダプラント」の名で観賞用に流通する。

 

・ミズトラノオの茎は無毛で、断面は丸みを帯びた四角形。柔らかいが直立し、枝分かれはほとんどない。

 

【ミズトラノオの開花時期】

・8月~10月

 

【花の色・品種】

・赤紫

 

【草丈】

・30~70cm

 

【ミズトラノオに似た植物】

 ミズネコノオ