ミヤコザサ/みやこざさ/都笹

Miyako-zasa

ミヤコザサとクマザサの違い
クマザサっぽいが全体により小さい

【ミヤコザサとは】

・北海道、本州、四国及び九州に分布するササの一種で、太平洋側の山地に多い。古都に近い比叡山で発見されたためミヤコザサと名付けられた。法面のグランドカバーとして庭園や公園に植栽される。

 

・棹は高さ50~100センチで細長く、節は上側が球状に膨らむ。根元から1~2本の棹が直立し、普通は枝分かれしない。棹は1年で枯れ、毎年新たな棹に入れ替わる。 

 

・葉は長さ10~25センチ、幅2~5センチで枝先に5~7枚ずつ生じる。表面は明るい緑色で無毛、裏面には軟毛が密生し、葉の先端は少しずつ細くなるため、イトザサという別名がある。葉の基部にある「肩毛」はよく目立つ。

 

・ミヤコザサの葉は他のササ類に比べると薄くて柔らかく、夏の暑さや積雪に弱いが、動物が好んで食べるため、家畜の飼料にも使われる。新葉は緑一色だが冬になると葉の縁は白く枯れる。よく似たクマザサとの違いは、葉の裏面に毛があること、葉の幅がより細いこと、樹高がより低いこと、棹の上部で枝分かれしないことである。

 

・数十年に一度開花するとされ、昭和29年には日本全国で一斉に開花した。花は棹の下方から伸びた小穂にでき、紫を帯びた褐色の小花が3~6輪咲く。

 

【ミヤコザサに似ているササ】

クマザサ

ミヤコザサの基本データ

 

【別 名】ヒメザサ/イトザサ

【高 さ】50~80cm

【直 径】2~4mm