スエコザサ/すえこざさ/寿衛子笹

Japanese bamboo Suekozasa

牧野富太郎,妻,笹
牧野記念庭園(自宅跡地)に植栽されるスエコザサ
Japanese bamboo Suekozasa
新芽の様子
すえこざさ,まきのとみたろう
葉の鞘やタケの皮には毛がない
すえこざさ,植物
新葉の様子
Japanese bamboo Suekozasa
葉は縦半分が反り返る(成葉の様子)
スエコザサ,枝
葉は棹の上方にある節から1本ずつ出る
すえこざさ,画像
皮が長期間にわたって棹に残るのでササの仲間
Japanese bamboo Suekozasa
ササではあるが管理しなければ高さは2mを超える

【スエコザサとは】

・アズマザサの変種で、宮城県と岩手県南部に自生する。日本の植物学の父といわれる牧野富太郎博士が昭和2年に宮城県仙台市で発見し、亡き夫人の名にちなんで名付けたことで知られる。

 

・スエコザサの葉は長さ10センチ程度の長楕円形。表面に白くて長い毛が並び、葉の縦半分が裏側に反り返って皺になる特徴を持つ。まばらに生じ、裏面には短い軟毛がある。

 

・耐寒性が高く、降雪地帯に植えても葉先が枯れにくいため、寒冷地の庭園では垣根や岩組の植栽に使われる。春先に出た芽は大きく育って観賞価値が劣るため基部で切り取り、二回目以降に生じた小型の芽を利用する。 

 

・棹は高さ1~2mで大きめだが、太さは4~6ミリと細く、やや風に弱い。棹の表面は平滑で無毛。棹にまとう皮はササとしては短めで、節間の半分ほどにとどまる。自生地近くでは稀に家具や器具、建物の壁芯に使われる。 

 

・牧野博士は1500以上の植物に命名しており、その中には綺麗な花を咲かせる植物もある。にもかかわらず、自身の研究を支え続けた寿衛子夫人に地味なササを選んだのは、夫人が病床に伏した時期に、ちょうど本種の調査をしていたため。

 

・東京都台東区谷中の天王寺にある牧野夫人の墓碑には、牧野博士自作の句「家守りし 妻の恵みや 我が学び 世の中の あらん限りや すゑ子笹」と刻まれる。

スエコザサの基本データ

 

【別 名】 

【高 さ】 1~2m

【直 径】 4~6mm

【節間長】 7~15cm