庭木図鑑 植木ペディア > タケ・ササの種類

タケ・ササの種類

竹や笹の種類を紹介します。ちなみに成長に伴って棹の皮が剥がれ落ちるのが「タケ」で、落ちないのが「ササ」です。実際の違いは分かりにくいです。

タケの種類 ササの種類
モウソウチク

モウソウチク(孟宗竹)

 

日本最大の竹で、食用にするタケノコの多くはコレ。かぐや姫が潜んでいそうな太い竹。

 

原産地は中国江南地方で、江戸中期に島津藩主が琉球を経由して現鹿児島市にあった藩邸に植栽したのが始まりとされる。

真竹と孟宗竹 違い
マダケ

マダケ(真竹)

 

古くから日本にある竹で、6月に出るタケノコは、多少の苦味があるものの食用できる。竹垣など、造園工事に欠かせない材料だが、やや耐寒性が低く、北海道では育たない。

竹の品種 画像
キッコウチク

キッコウチク(亀甲竹)

 

モウソウチクの突然変異によって生じたもので、棹の基部が写真のように交互に膨れているのが特徴。仏の顔に見立てて「仏面竹(ブツメンチク)」と呼ぶこともある。

いずれにせよ、縁起物としてあやかり、工芸品に仕立てられる。

布袋竹 図鑑
ホテイチク

ホテイチク(布袋竹)

 

マダケににるが棹の元のほうが、写真のように膨らみ、節間も不揃いになっている。別名をクレタケという。

外見とは裏腹にタケノコは美味。

笹と竹の種類 違い
キンメイチク

キンメイチク(金明竹)

 

マダケの園芸品種で、棹や葉に写真のような模様が入る。日陰で育てた方が模様は美しい。

オウゴンチク、オキナダケ、キシマダケなど多様な品種がある。

 

業平竹 画像 タケ図鑑
ナリヒラダケ

ナリヒラダケ(業平竹)

 

日に照らされると紅紫色に見える棹の美しさから、もっとも多く庭園に使われる竹の一つ。

 

放任すれば写真のように密集して生えるのが大きな特徴で、通常は古い棹を間引くように管理する。

タケとササの種類 区別
クロチク

クロチク(黒竹)

 

アジアンな雰囲気が好まれ、古くは袖垣、現代では家具や調度に使われる。破竹の変種だが破竹よりやや小型で、寒さにより強い。

 

一年目の棹は緑色で、二年目の秋から黒っぽく変化することに注意して管理する必要がある。

シノチク シノダケ ヤダケ
ヤダケ

ヤダケ(矢竹)

 

タケとはいっても笹の仲間で、節間が長く、太さが一定であることや曲がりに対する強度が高いため「矢」に使われた。地方によっては、本種やメダケなどを合わせて「篠竹」と呼ぶ。

熊笹 隅笹
クマザサ

クマザサ(隈笹)

 

下記のオカメザサとともに日本庭園に多用される笹。葉の縁取りが美しく人気は高いが、背丈が大きくなりやすいため、定期的な剪定が欠かせない。なお、漢字表記は「熊」ではなく「隈」で、葉のスミが白いことにちなむ。日向より日陰に植えた方が美しい葉になる。

傍目笹 岡目笹
オカメザサ

オカメザサ(阿亀笹)

 

和風庭園の下草として広く使われるため「笹」に見えるが、実は「竹」で、かつては生垣仕立てにされることも多かった。

名前は「おたふく」のオメンを、この棹にぶら下げて売ったことに由来する。ササに似せたタケであり、性質は相当に強い。

ササの種類
チゴザサ

チゴザサ(稚児笹)

 

葉に白い模様が縦に入る笹で、庭園で普通に見られる。ササの中では成長が遅い部類に属し、背丈も大きくなりにくい。

なお、模様の状態は環境や季節によって変化する。

笹の種類
オロシマチク

オロシマチク(於呂島竹)

 

かつて於呂島(九州)に自生が見られたことから命名された日本で最小のササ。葉が小さいため、相当低く刈り込んでも鑑賞に堪えるササとして人気が高い。

日向~半日陰地であれば密生させて芝生代わりにもなる。