庭木図鑑 植木ペディア > ヤブコウジ

ヤブコウジ/やぶこうじ/藪柑子

Spearflower

ジュウリョウ 庭木
別名「十両」で知られるヤブコウジの実
十両,植物
新葉の様子
十両の木,やぶこうじ
ヤブコウジは藪の中に生じる
ヤブコウジ 十両 草
「下草」として地面を覆うように使う例が多いものの・・・
ヤブコウシ,やぶこうじ,種類,特徴
葉色の明るいものは、洋風住宅の壁面緑化などにも使える
つぼみ,ツボミ
蕾の様子
ヤブコウジの花
花の様子
十両,紅葉,やぶこうじ
環境や品種によっては秋に紅葉する
ヤブコウジの種類,やぶこうじ
ヤブコウジの園芸品種
Spearflower
ヤブコウジの園芸品種
斑入りやぶこうじ
ヤブコウジの園芸品種
Spearflower
縁がピンクになるものもある
斑入り,やぶこうじ
ヤブコウジの園芸品種
葉がちじれた品種
ヤブコウジの園芸品種
大実,やぶこうじ,葉が赤い種類
ヤブコウジの園芸品種
やくしまやぶこうじ
屋久島ヤブコウジ

【ヤブコウジとは】

・日本全国に分布するサクラソウ科の常緑小低木。山の木陰に群生しており珍しさはないが、秋から冬にできる赤い実が美しい。別名をジュウリョウ(十両)といい、マンリョウセンリョウヒャクリョウなどとともに縁起の良い「金生樹」とされ、日本庭園や正月飾りに利用される。原産地は日本のほかに朝鮮半島、台湾、中国本土など。

 

・万葉の時代にはヤマタチバナと呼ばれていたが、葉や実がミカンの一種であるコウジ(柑子)に似ていること、藪の中に生えることからヤブコウジと名付けられた。

 

・葉は長さ4~12センチの長楕円形で先端が尖り、縁には細かなギザギザがある。3~4枚が集まって車輪状に生じ、表面には光沢があり、5~8対の葉脈が目立つ。葉の色や模様の微妙な違いを楽しむ愛好家が多く、江戸時代~明治中期まで様々な品種のコレクションが流行した。

 

・地下茎によって繁殖し、樹高は10~20センチほどにとどまる。地際に赤い実をつけるため、いわゆる「下草」として好まれる。

 

・ヤブコウジの開花は7~8月頃。前年い伸びた枝葉の脇に、白又はピンクを帯びた白色の花が数輪ずつ、下向きに咲く。花は直径4~8ミリほどで花先は五つに裂ける。あまり目立たないが、よく見ると可憐で美しい。

 

・果実は球形で、10~11月に赤く熟す。庭木として重宝されるのは、この赤い実と常緑の葉が、花の少ない初冬に美しいコントラストを見せることによる。ヤブコウジが正月飾りとして使われるようになったのは江戸時代以降のこと。

 

【ヤブコウジの育て方のポイント】

・日陰でも育つが実を楽しむには半日陰程度が限界。また強過ぎる日差しも好まない。

 

・北海道から沖縄まで幅広く生育できる。

 

・花崗岩が風化したような土を好むが適応力は高い。

 

・特に剪定の必要はないが、繁茂しすぎた場合は刈り込むこともできる。

 

【ヤブコウジの品種】

・カマヤマコウジ~特に葉が大きい個体の俗称で庭師の職人用語

・シラタマコウジ~実が白い品種

 

【ヤブコウジに似ている木】

・シナヤブコウジ

 中国、東南アジア、沖縄などを原産とする自生種で葉に光沢があり、黒紫の実がたわわにできる。個体数が減っており絶滅危惧Ⅱ類に指定される。別名をシナマンリョウ、シナタチバナという。このほかヤブコウジの仲間には、ツルコウジ、オオツルコウジ、モクタチバナ、シシアクチなどがある。 

しなやぶこうじ
シナヤブコウジ

ヤブコウジの基本データ

 

【分類】サクラソウ科/ヤブコウジ属

       常緑広葉/小低木

【漢字】藪柑子(やぶこうじ)      

【別名】十両/紫金牛/ヤブタチバナ

【学名】Ardisia japonica

【英名】Spearflower

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】10~30cm程度

【用途】下草/公園/鉢植え

【値段】300円~