庭木図鑑 植木ペディア > ナツミカン

ナツミカン/なつみかん/夏蜜柑

Japanese summer orange

なつみかん,画像
果実ができるのは他のミカン類と同じ時期だが、食べるのは夏が旬
ナツミカンの葉
葉の付け根には小さな翼がある
ナツダイダイ,果樹
裏面の様子
なつみかん,未熟
重さは300~500gもあり、当初は毬として使われた
なつだいだいの木
食べ頃が分かりにくく、古い時代には「化物」と呼ばれたことも
夏蜜柑,画像
日当たりと水はけの良い場所を好む 
ナツミカン,樹木
樹高は最大で6mほどに

【ナツミカンとは】

・日本で栽培されるミカン科ミカン属の常緑樹。正式名称はナツダイダイで、夏が旬のダイダイを意味し、ダイダイ(代々)は新しい果実と古い果実が一緒にぶら下がることに由来する。

 

・ナツミカンは来歴ははっきりしている珍しい木の一つであり、江戸時代の中頃、青海島(山口県長門市仙崎)にある大日比海岸に漂着した果実の種子を島の童女、西本チョウさんが蒔いて育てたのが始まりとされる。樹齢250年を超えるその原木は、昭和2年に天然記念物に指定され、同家に現存する。

 

・ではその果実はどこから流れてきたのか、というのが気になるところだが、詳細は不明であり、東南アジアなどを原産とするブンタン系統だがナツミカン自体は日本原産とされる。

 

・ナツミカンは萩の武士が長州藩の藩主に献上して好評を得たことをきっかけとして山口県を中心に盛んに栽培されるようになり、山口県では県の花に指定している。

 

・開花は5月。枝先近くの葉の付け根に直径3センチほどの白い五弁花が咲く。花は香りが高く、栽培地では初夏の到来を告げる象徴となる。果実が色付き始めるのは開花した年の晩秋だが、その時期は酸味が強く、開花翌年の4~6月が旬となる。 

 

・果実は直径12センチ、重さ300~500gで分厚い果皮に覆われる。表面はザラザラし、底面は広い範囲で深く窪み、不規則な溝があるのが特徴。果肉は酸味が強すぎるため、甘夏の登場やグレープフルーツの自由化を機に需要が減少しているものの、ジュース、ジャム、食酢に使われており、砂糖を加えて煮込んだピールや丸漬も知られる。

 

・葉は長さ10センチ前後の楕円形で、葉の柄には小さな翼のようなものがある。意外だが一般的なミカン(温州ミカン)よりも葉は小さい。

 

【育て方のポイント】

・瀬戸内海に面した温暖な地が最適だが、耐寒性があり、関東南部以南であれば植栽できる。寒い地方では熟す前に果実が落下したり、酸味が強くなりすぎたりするが、年末年始に収穫して初夏まで貯蔵する方法もある。

 

・丈夫な性質を持ち、放任しても育つほどだが、枝葉が密生して鬱蒼としやすいため、適宜剪定して日当たりや通風を良くするのが望ましい。病害虫の被害は少ない。

 

【ナツミカンに似ている木】

・アマナツ(川野系ナツダイダイ)

 大分県の果樹園で発見されたナツミカンの枝変わり品種。ナツミカンよりも甘くて食べやすい。1950年に品種登録され、その後、シンアマナツ、ベニアマナツなどが作出された。

 

・ヒュウガナツミカン、イヨカン、ナルトミカン、ハッサクなどもナツミカンの仲間に当たる。ネオナツミカンという物もあったが、これは果実が小粒のうちにヒ酸鉛をかけて酸味を抜いたものであり、正式な品種ではない。

ナツミカンの基本データ

 

【分類】ミカン科 ミカン属

    常緑広葉 小高木 

【学名】Citrus natsudaidai Hayata

【別名】ナツダイダイ/ナツカン/ナツシロ(夏代)

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】3m~6m 

【用途】果樹 

【値段】1,200円~