庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ノコンギク

ノコンギク(野紺菊)

山野草 菊
ヨメナに似るが葉や茎に毛がある

【ノコンギクとは】

・北海道と沖縄を除く全国に分布するキク科の多年草。ヨメナと共に、いわゆる「野菊」と呼ばれる。葉はヨメナと同じように食用になり、味もよく似る。別名をコンギク、ナンヨウシュンギクという。

 

・日向を好み、田んぼの畦道、山道あるいは林の縁などの開けた場所に多い。根はいわゆる地下茎であり、横に広がって群生する。

 

・野に咲く紺色の菊という意味合いでノコンギクと命名されたが、花の色は白~薄紫と個体差や地域差が見られバラエティに富む。紺色が濃い「紺菊」という園芸品種もある。

 

・茎は1mほど立ち上がり、上の方で分岐する。葉は硬い毛で覆われ、触れるとザラザラする。茎や果実にも細かな毛が多い。

 

【開花時期】

・8月~10月

 

【花の色】

・紺、薄紫、白など(花の中央部は黄色)

 

【背丈】

・50~100cm

 

【似ている花】

・ヨメナ

 白い花が咲く野菊で、ノコンギクに似るが、葉、茎に毛がないため見分けられる。

・シオン

 九州及び中国地方の山間に見られる大型の菊。

・シラヤマギク

 こちらも草丈が1.5mほどになる大型の菊で、5~6枚の花弁を持った花がまばらに咲くのが特徴

・ダルマギク

 日本海側に自生するキクで、短い茎の先端に柔らかな毛で覆われた丸い花が咲く。