庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ノアザミ

ノアザミ/のあざみ/野薊

‎Japanese meadow cabbage

アザミの花,特徴
数多いアザミを代表するのがノアザミ 花言葉は「報復」「独立」など
薊の開花時期
アザミの仲間では最も早く、平地では5月に開花する
あざみ,野草,葉っぱ
葉には切れ込みがあり夏以降はチクチクする
野薊の茎,画像
茎は直立するが、風雨で倒れやすい
野あざみ,花
草丈は1mほどになる

【ノアザミとは】

・本州、四国及び九州に分布するキク科の多年草。日当たりがよく湿気の多い場所を好み、野原、丘陵、山林などに自生する。アザミには変種が多く、100近くの種類があるというが、単にアザミという場合は本種を示すことが多い。

 

・葉は羽根状に裂け、その縁はギザギザになり、先端にはトゲがある。若葉のトゲは柔らかいため食用できるが、夏以降の成葉は手で触れると多少チクチクする。触れると痛い目に遭う(=欺かれる)のでアザミと名付けられたという仮説があるが、正式なアザミの語源は分かっていない。

 

・葉は茎から互い違いに生じるが、その根元は茎を抱くようになっている。茎は最大1mほどまでまっすぐに伸びるが、上部で枝分かれが多い。

 

・早ければ旧暦の初夏にあたる5月に咲き、ハルアザミとの別名がある。花は小さな管状で、茎の頂部で半球形に集まって咲く。紅紫色になるのが普通だが、白やピンク、それらの中間色になるものもある。

 

・苞と呼ばれる花の基部は球形で、これにもトゲがある。触れるとネバネバするため、これにちなんだノミトリバナ(蚤取花)という別名がある。また、花の形を化粧用のブラシに擬え、地方によってはマユツクリ(眉作り)やキツネノオシロイバケ(狐の白粉刷毛)と呼ぶ。

 

・春から夏にかけて採取した若葉や茎は、揚げ物や油炒めにして食べることができる。根は薬用になり、生のまま摺り潰したものは腫れ物に、また、乾燥させた根を煎じたものは利尿や神経痛に効果があるという。

 

【開花季節】

・5~8月

 

【花の色など】

・紅紫、白、ピンク

 

【背丈】

・50~100cm

 

【ノアザミの品種】

・ドイツアザミ

 ノアザミの園芸品種で、江戸時代から昭和初期まではハナアザミと称していた。原種より背丈が低くて扱いやすいこと、花色にバリエーションがあること、ハウス栽培が可能なことから市場での流通が多い。ドイツとは関係なく、花の上品さをドイツという響きで表したものと思われる。