庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ナルコユリ

ナルコユリ/なるこゆり/鳴子百合

なるこゆり,花
開花は初夏 花言葉は「元気を出して」など
鳴子ゆり,特徴
花は、葉の付け根から伸びる花茎にぶら下がる(蕾の様子)
なるこゆり,薬草
花の先は6つに裂けるが、ワニグチソウのようには開かない
葉っぱ
葉の裏には突起があって、触れるとザラザラする
果実
ナルコユリの果実(熟すと黒くなる)

【ナルコユリとは】

・本州、四国及び九州(稀に北海道)に分布するユリ科の多年草。山地にある林の縁や草原に自生するが、似たようなアマドコロに比べるとやや海抜の高い場所に見られる。

 

・花や実の並ぶ様子が、かつて稲田で雀を追い払うのに使った「鳴子(鳥が触れると音が出る仕掛けで、縄に竹をぶら下げて作った)」に似ているとして、ナルコユリと命名された。別名はナルコラン、ヤマドコロ、チョウチンバナなど。

 

・初夏に咲く涼しげな花を観賞するため庭園に植栽されるが、乾燥させた根茎は江戸時代を代表する滋養強壮薬であり、生薬名を「黄精」という。ただし、中国でいう黄精はカギクルマバナルコユリの根茎であり、本種はその代用品。

 

・開花は5~6月で、葉の付け根から伸びた花柄が3~5つに分かれ、緑白色を帯びた小さな花をぶら下げる。花は長さ2.5センチほどの筒状で先端が6つに裂けるが、大きく開くことはない。花の様子はアマドコロによく似るが、ナルコユリの方が花数は多い。

 

・花の後には水分の多い果実ができ、暗い緑色から黒色に熟す。大きさは大豆ほど。一見すると食べられそうだが、毒性があって食べられない。

 

・ナルコユリの茎は断面が円形で、多角形になるアマドコロとな異なる。上へ行くに従って斜めに曲がり、枝分かれはしない。葉は長さ8~13で先端が尖り、茎から互い違いに生じる。裏面には葉脈に沿って小さな突起があり、手で触れるとザラつく。大きくなった葉から葉想像しにくいが、春先の若菜は山菜として食用になる。

 

・地下にある根茎は、短い間隔の節があり、肥大して肉質化する。薬用にするのは、開花期か落葉期に採取したもので、ヒゲ根をむしって乾燥させたものを煎じて飲んだり、ナルコユリ酒(黄精酒)として飲用する。盛岡には根茎のエキスを使った黄精飴を売る店が現存する。

 

【開花季節】

・5~6月

 

【花の色など】

・緑白色

 

【背丈】

・50~80cm

 

【ナルコユリの品種】

・オオナルコユリ

 名前のとおり、花も草丈もより大きくなる品種で、茎は高さ1mにもなる。

 

・ミヤマナルコユリ

 花糸に柔らかな毛を生じる品種。花数はナルコユリよりも少なく、2~3輪単位で咲く。 

 

【ナルコユリに似ている草花】

アマドコロ

。ホウチャクソウ