庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ノジギク

ノジギク/のじぎく/野路菊

Noji-giku(Japanese wild chrysanthemum)

はなことば,のじぎく
花言葉は「真実」など
わかば,のじぎく
若葉の様子
ノジギク,県の花
葉は白い縁取りがあって特徴的。葉柄は2センチほど
Noji-giku(Japanese wild chrysanthemum
裏面は毛が密生して白っぽくなる
野生のキク,ピンク色
花の直径は3~4センチ 黄色い頭状花の周りを白い舌状花が一周する
Noji-giku(Japanese wild chrysanthemum)
花は咲き進むと淡いピンク~紫色に
のじぎく,種類
岩場にも自生するため、砂利の中にも育つ
野生のキクでピンク色の花
開花の季節には葉が色付くことも
ノジギク,画像
茎は太く、木質化する

【ノジギクとは】

・中国地方以西の本州、四国及び九州に分布するキク科の多年草。海岸に近い山裾や岩壁などに多く、丈夫な性質を持つ一方、晩秋に可憐な花を咲かせる。

 

・観賞用に多数栽培されるイエギク(栽培菊)の原種の一つとされ、野路に育つためノジギクと呼ばれる。本種を発見、命名したのは植物学者の牧野富太郎氏で、現代では各地め庭園やロックガーデンに植栽され、自生の多かった兵庫県では県の花(県花)に指定している。

 

・ノジギクの開花は10~12月で、茎や枝先に直径3~4センチの白い花を咲かせる。花は黄色い頭状花と白い舌状花からなり、舌状花は咲き進むと淡い紅色に変わるのが特徴。稀に舌状花が淡い黄色になるものもある。

 

・葉は質厚で、長さ3~5センチ、幅2.5~4センチほど。広めの卵形だが半ばまで3~5つに裂けて羽根状になり、各裂片にはさらに細かなギザギザがある。表面は濃緑色でまばらに毛を生じ、裏面は毛が密生するため灰白色になる。

 

・根茎は地中を横に広がって育ち、群生することが多い。太い茎は付け根から斜上して多数に分かれ、葉は茎から互い違いに生じる。

 

【ノジギクの品種】

・アジズリノジギク(足摺野路菊)

 高知県の足摺岬から愛媛県の佐多岬にかけて分布する小型の変種。花数がより多く、葉の縁に白い縁取りがある。

 

・セトノジギク(瀬戸野路菊)

 ノジギクに似るが、葉の質が薄い。 

足摺野路菊,画像
アシズリノジギク

ノジギクの基本データ

 

【分 類】キク科/キク属

     多年草

【漢 字】野路菊(のじぎく)

【別 名】ノギク(野菊)

【学 名】Chrysanthemum japonense

【英 名】‎Noji-giku

     (Wild chrysanthemum)

【開花期】10~12月

【花の色】白のちに淡い紅色(花の中央部は黄色)

【草 丈】~90cm