庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ニリンソウ

ニリンソウ/にりんそう/二輪草

Soft windflower

にりんそうの花
花言葉は「友情」「協力」など
二輪草の葉
若葉はヤマトリカブトに似る
二輪草の葉っぱ
小さな白斑があるのが特徴
葉の裏面
裏面の様子
開花時期
咲き始めの花
日陰の植物
半日陰地でも開花する
山菜,うまい
二つの花はタイミングをずらして咲く
子持ち花,子持ち草
ニリンソウの花
こもちばな,こもちぐさ
しべの様子
Soft windflower
裏側の様子
がしょうそう,ふくべら
自生地では大きな群落を作る
Soft windflower
茎の様子

【ニリンソウとは】

・北海道から九州の各地に分布するキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。やや湿った半日陰地を好み、林内や林縁、川岸などに自生する。

 

・別名はコモチナ、コモチバナ、コモチグサ、ガショウソウ、セキナ、フクベラ、ソバッパなど。若葉や花茎が食用となり、北国では古くから山菜として親しまれる。

 

・開花は3~5月。葉の間から伸びた10~20センチの花茎に、柄のない3枚の総苞葉ができ、さらにそこから伸びる2本の花柄の先端に咲く。稀に1~3輪の場合もあるが、通常は花が2輪ずつ並んで咲くため、ニリンソウと名付けられた。

 

・花の直径は2センチほど。花弁のように見えるのは「萼片」で、花弁はない。萼片は朝日が当たると開き、夜には閉じる性質を持つ。萼片は白色だが、縁や裏面はピンク色を帯びることもある。花は酢の物にして食用できる。

 

・葉は長い柄があり、手のひら状に五つに裂けるように見えるが、大きく三つに裂けたものの両端がさらに二つに裂けるという構造になっている。若葉は柔らかで、毒草として知られるヤマトリカブトに似るが、表面に白い模様が入るのが特徴。

 

・根茎は多肉質で短いが、ヒゲ根を出しながら横へ広がって伸び、大きな群落を作る。ただし、花が終わって実がなると地上部は枯れ、夏から翌春までは休眠に入る。

 

・食用するのは開花前に採取した茎葉で、水にさらしてアク抜きしたものを御浸しや和え物、油炒めなどに、生の葉を天婦羅や塩浸しにして食べる。また、ニリンソウの根茎には鎮痛の効果があり、夏に採取したものを干し、煎じて飲めばリウマチに効くとされる。

 

【ニリンソウの開花時期】

・3~5月

 

【花の色】

・白

 

【草丈】

・15~25cm

 

【ニリンソウに似た植物】

・イチリンソウ

・サンリンソウ