庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ナズナ

ナズナ/なずな/薺

Shepherd's purse

花言葉,怖い,なずな
花言葉は「あなたに全てをお任せします」
ナズナの葉っぱ
春の七草の代表種であり食用する
ペンペングサの花
オオイヌノフグリが咲くころ、花が立ち上がる
薺の花,季語
ナズナの茎や葉には、まばらに毛がある 
花言葉,怖い
花の直径は2ミリほど
ペンペングサの種
果実は扁平した逆三角形で先端はへこみ、ハートにも見える 
薺の花,画像
ナズナの花

【ナズナとは】

・北海道から沖縄まで日本全国に分布するアブラナ科ナズナ属の二年草。日当たりの良い道端、野原などで普通に見られる典型的な「雑草」だが、セリと共に春の七草を代表する種であり、古来から若菜を食用とする。

 

・日本に生えるナズナは在来種だが、ナズナの仲間4種が北半球の温帯に広く自生する。果実の形を巾着に見立てる国が多く、英語、ドイツ語、フランス語のいずれにおいても「羊飼いの財布(小銭入れ)」を意味する名前が付けられている。漢名は「薺(せい)」で、日本でも「薺の花」を春の季語としている。

 

・ナズナという名前の由来には諸説あるが、夏になると枯れてなくなることを意味する「夏無」、あるいは越冬するロゼットの姿が撫でたくなるほど可愛いことを意味する「撫菜」が転訛したとする説が知られる。 

 

・別名「ペンペングサ」が有名だが、全国に分布するため、ガラガラ、バチグサ、ヂヂノキンチャク、ババノキンチャク、スズメノダラコなどの地方名もある。「ペンペングサ」については、摘み取って茎を回転させるとペンペンと音が鳴ることによると思い込んでいる人が多いが、本来は実の形を三味線のバチに見立て、三味線の音を想起させるものとして名付けられた。このためシャミセングサという呼名もある。

 

・ナズナは冬至の頃に地際から「根生葉」を生じて越冬し、春先に根生葉の中心から分岐させた茎を伸ばし、高さ10~50センチになる。根生葉は羽根のように細かく裂けることが多いが、初期に出る葉は切れ込みが少ないなど変化も多い。春以降に茎から出る葉は小さく、茎を抱くように生じる。

 

・ナズナの花は下から順に咲き、蕾を作りながら上方へどんどんと伸びていく。花は直径2~2.5センチで小さいながらも4枚の花弁があって十字型になり、その中央には6個の雄しべと1個の雌しべがある。開花期は春先だが、暖地では年末に咲くこともある。

 

・根は太いものが真下へ伸び、わずかに側根がある。柔らかな土を好むため荒れた畑に特に多いが、俗に「ペンペングサも生えない」というほど丈夫な性質を持ち、雨樋や屋根の上に生じることもある。

 

・食用するのは開花前に少しだけ伸びた頃の花茎と若菜。クセやアクがほとんどなく、サッと茹でたものを水にさらし、胡麻和え、天婦羅、塩漬けなどにして食べる。

 

・中国最古の薬物に関する書物である「神農本草経」では、ナズナの薬効について「精神的要素の気を補い、瞳の光を益す作用を持つ。」と記している。全草にコリン、アセチルコリン、フマール酸を含み、近代の民間療法でも日干ししたナズナを煎じたものをガーゼに含ませるなどして洗眼すれば痛みや充血を緩解し、飲用すれば便秘や利尿の作用があるとする。

 

【ナズナの開花季節】

・3~6月

 

【ナズナの花の色】

・白色

 

【ナズナの草丈】

・10~50cm

 

【ナズナの種類】

・グンバイナズナ

 ナズナの外来種。果実の先端が深くへこみ、相撲の行事が持つ軍配のような形になる。

 

・マイグンバイナズナ

 グンバイナズナに似るが、果実の先端の窪みが浅い。

 

・イヌナズナ

 黄色い花が咲き、果実は扁平した楕円形で、表面に短毛が生じる。

 

・シロイヌナズナ

 白い花を咲かせるが、果実はイヌナズナよりも細長い円柱状になる。