庭木図鑑 植木ペディア > ヤマトレンギョウ

ヤマトレンギョウ/やまとれんぎょう

Japanese forsythia

大和連翹,植物
シナレンギョウに似るが花はまばらに咲く
やまとれんぎょう,ふゆめ
ヤマトレンギョウの冬芽
開花時期
ヤマトレンギョウの花
やまとれんぎょう,花
萼の様子
垣根,生垣
稀に庭木として使われる
葉っぱ
葉の様子
黄葉
紅葉の様子
ヤマトレンギョウ,紅葉
紫がかった色になることも
幹
樹皮の様子

【ヤマトレンギョウとは】

・中国地方の石灰岩地に分布するモクセイ科の落葉低木。自生は稀だが、早春に咲く花を観賞するため、栽培品が庭木として各地に植栽される。

 

・レンギョウにはいくつかの種類があるが、日本に自生するのは本種とショウドシマレンギョウのみ。中国産のレンギョウやシナレンギョウ、朝鮮半島産のチョウセンレンギョウと区別するため、ヤマトレンギョウと名付けられた。

 

・レンギョウは漢名「連翹」の音読みだが、本来はトモエソウを意味するものが誤用されて広まった。

 

・開花は3~4月頃で、葉の展開前あるいは同時に直径2~3センチの黄色い花が下向きに咲く。雌雄異株で花先は四つに裂け、そろぞれの裂片の幅は近縁種に比べると狭い。雄しべは花柱(雌しべ)よりも短く、シナレンギョウに似るが、花数は明らかに少なく、花付きが悪い。

 

・花の後には楕円形の乾いた果実ができる。長さ1センチほどで先端はくちばし状に尖り、底部は丸い。熟すと二つに裂け、翼のある種子を出す。

 

・葉は長さ7~12センチの広い卵形で先端が尖り、基部はクサビ形。葉の先端付近には細かなギザギザがあるが、中にはギザギザのない葉もある。葉の裏面と柄には毛を生じ、枝から対になって生じる。

 

【ヤマトレンギョウの育て方のポイント】

・病害虫、大気汚染に強い。

 

・日向を好む。

 

・土質を選ばない。

 

・剪定に強い。切った枝を地面に挿すと簡単に増やせる。

 

・成長が早く、放置すると樹形が乱れやすい。

 

・垣根に用いた場合、冬場は目隠しにならない。

 

【ヤマトレンギョウに似た花木】

レンギョウ

ヤマトレンギョウの基本データ

 

【分類】モクセイ科/レンギョウ属

    落葉広葉/低木

【漢字】大和連翹(やまとれんぎょう)

【別名】タニワタシ/イタチグサ

    レンギョウウツギ    

【学名】Forsythia japonica

    Makino.

【英名】Japanese forsythia

【成長】とても早い

【移植】簡単

【高さ】1~3m

【用途】花木/公園/盆栽 

【値段】500円~