庭木図鑑 植木ペディア > ヤマウルシ

ヤマウルシ(山漆)

Ameri

山漆の木,葉っぱ
日本の木で最初に紅葉するのがヤマウルシ
やまうるし
ヤマウルシの葉
yama-urushi
葉は羽根状で、四方八方へ広がる
山漆の木の特徴
樹高は4m程度のものが多い
やまうるしの幹
ヤマウルシの樹皮

【ヤマウルシとは】

・沖縄を除く日本全国に自生するウルシ科の落葉小高木。中国などを原産とするウルシとは別の木であるが、ウルシに似た枝葉を持ち、山に生じることからヤマウルシと命名された。日本以外では中国や朝鮮半島に自生が見られる。

 

・ウルシと違い、漆塗りに使われることはないが、ウルシと同様、木全体にウルシオールという成分が含まれ、枝葉に触れるとかぶれるため、庭木として使われることは少ない。

 

・葉は長さ5~12センチの小葉が6~10対集まって羽根状になり、全体では長さ25~50センチほどになる。葉の先端は尖り、若葉の縁にはギザギザがある。葉全体に短毛があるが、特に裏面の葉脈上に多い。冬芽には茶色い軟毛が生じる。

 

・ウルシの葉は秋になると黄色くなるが、ヤマウルシは赤やオレンジに染まる。日本の樹木で最も早く色づき、早いものでは8月下旬から紅葉するためよく目立つ。古い時代には黄褐色の染料として重用された。

 

・花期は5~7月で、葉の脇から垂れ下がる花序に、黄緑色の小さな花が多数咲く。雌雄異株で、雄の木には雄花が、雌の木には雌花が咲き、雌花の後にはハゼノキやウルシと同じように楕円形の黄色い実ができる。実の直径は5~6ミリほどでウルシよりも小さく、表面に硬くて短い毛が密生する点でハゼノキと異なる。

 

・ヤマウルシの樹皮は灰褐色で、樹齢を重ねると縦に裂け目ができる。樹高は最大で8mほどで、幹はウルシに比べるとはるかに細い。

 

【育て方のポイント】

・そばを通っただけで肌がかぶれることがあるため、人が集まる場所に植えるような木ではないが、紅葉が早く、綺麗であるため、自生のものを借景として使うことはあり得る。

ヤマウルシの基本データ 

 

【分類】ウルシ科/ウルシ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Toxicodendron trichocarpum

【別名】シツゲンヤマウルシ/ハジ/ハジノキ

【成長】早い

【移植】ふつう 

【高さ】m~8m

【用途】

【値段】