庭木図鑑 植木ペディア > ヤブムラサキ

ヤブムラサキ(藪紫)

Yabu murasaki(beauty‐berry)

藪紫,実
ムラサキシキブに似るが、上部に毛があるのが特徴
やぶむらさき,木
葉はムラサキシキブよりも大きめ
ヤブムラサキの花,画像
花は6~7月頃に咲く
yabumurasaki,fruits
実も葉も、肉眼でも見えるような毛がある

【ヤブムラサキとは】

・宮城県以西の本州、四国及び九州の山地で普通に見られる落葉低木。庭園に好んで使われるムラサキシキブに似るが、葉や花に細かな毛が多いのが特徴。

 

・藪の中に生じるムラサキシキブという意味合いで命名された(毛に覆われたボンヤリとした姿から名付けられたという説もある。)。

 

・葉はムラサキシキブよりも大型で、長さは6~12センチほど。枝から対になって生じる。葉の両面に多数の毛が密生し、遠目には白っぽく見えることが多い。触れるとビロードや洋紙のようにザラつく。

 

・花期は6~7月で、画像のような淡い紫色の小花を数個単位で咲かせる。花の付け根(花序)にも毛が密生する。

 

・花の後にできる果実は直径4~5ミリほどの球形で、9~11月頃になると紫色に熟す。実の付け根(萼)にも毛がある。パサパサした実の中には種が4粒含まれる。

 

【育て方のポイント】

・温帯から暖帯に育つ木であり、寒さの厳しい地方では育てられない。

 

・ムラサキシキブほどの派手さがないため、庭木として使われることは少ない。しかし、控えめな美しさに野趣を求めて、雑木の庭に使用される。

 

・湿気のある肥沃な土地を好むが、性質は丈夫であり、栽培品であれば土質を選ばずに育つ。

 

・半日陰でも育つが、花や実をより多く楽しむには日照が必要。

 

【ヤブムラサキの品種】

・白い実のなる品種がある。

 

【似ている木】

ムラサキシキブ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1年間枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ヤブムラサキ 0.5m 【あす楽対応】
価格:864円(税込、送料別) (2018/11/11時点)

楽天で購入

ヤブムラサキの基本データ 

 

【分類】クマツヅラ科/ムラサキシキブ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Callicarpa mollis Sieb. et Zucc.

【別名】

【成長】やや早い

【移植】簡単 

【高さ】m~3m

【用途】雑木の庭/花材

【値段】900円~