庭木図鑑 植木ペディア > ヤブデマリ

ヤブデマリ/やぶでまり/藪手毬

doublefile viburnum

ガクアジサイに似た花
ガクアジサイに似るがガマズミの仲間 開花時期は5~6月
やぶでまりの木
冬季の様子
ヤブデマリの木
冬芽の様子
doublefile viburnum,flowers
ヤブデマリの新芽
藪手毬の木
若葉の様子
藪手毬の木の花
ツボミの様子
藪手毬 花 時期
花、実、葉ともに規則正しく並ぶ
やぶでまり,白い花
ホントの花はとても小さい(画面中央右付近)
ヤブデマリの赤い実 画像
花が終わるとすぐに実ができ始める
doublefile viburnum
赤い実は雑木林の中でもよく目立つ
胡蝶樹の木の実
ヤブデマリの実
コチョウジュ
ヤブデマリの葉
コチョウジュ,特徴
黄葉の様子
紅葉
ヤブデマリの紅葉は早い
胡蝶樹,幹
樹皮の様子

【ヤブデマリとは】

・関東以西の本州、四国及び九州に分布する落葉低木で、ガマズミなどとともに雑木林や水辺に見られる。日本のほか中国や朝鮮半島にも自生する。

 

・花や実の美しさから、近年は庭木として使われるようになった。ピンクの花を咲かせる「ピンクビューティー」や「恋花火」などの園芸品種も出回る。また白くて大きな毬状の花を咲かせるオオデマリもヤブデマリの変種とされることがある。

 

・花季は5月~6月で、画像のとおり、オオカメノキ(ムシカリ)カンボクに似る。枝にびっしりと咲き誇り、花の季節になると昆虫がよく集まる。花弁のように見えるのは装飾花で、本当の花はごく小さい。

 

・ヤブデマリの葉は円形で直径は5~8センチほど。葉の先端が浅く凹むものもある。

 

・秋に熟す赤実は、ガマズミの代用として月見用の生け花に用いることがある。

 

・ヤブデマリという名前は、藪に生えて、手毬のような花を咲かせることに由来する。

 

【育て方のポイント】

・樹形は整いにくく、枝の張り出しが大きいため、本来は庭木として使われるような樹種ではなかったが、雑木の庭の名脇役として使われることが増えている。 

 

・丈夫な性質を持ち、土質は問わない。寒さにも比較的強く、北海道中部辺りまで栽培可能となる。

 

【ヤブデマリに似ている木、見分け方】

カンボク~似たような時季に似たような花を咲かせるが、葉の形が異なる。カンボクの葉はトウカエデフウのように三つに裂ける。また、ヤブデマリは5枚の花びら(正確には装飾花)のうち、一枚が極端に小さいが、カンボクは5枚とも同じ大きさになる。

 

【ヤブデマリの品種】

・ピンクビューティー

 装飾花が淡いピンク色になる品種。園芸用としては原種よりも好まれる。

 

・コヤブデマリ 

 葉が小ぶり(直径3~5センチ)で、その先端が尖る。

ヤブデマリ ピンク花 画像
ピンク色の花を咲かせる「ピンクビューティー」

ヤブデマリの基本データ 

 

【分類】スイカズラ科/ガマズミ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Viburnum plicatum Thunb.

【別名】コチョウジュ(胡蝶樹)

    ヘミノキ

【成長】やや早い

【移植】簡単 

【高さ】m~6m

【用途】公園/雑木の庭

【値段】1500円~