庭木図鑑 植木ペディア > ヤチダモ

ヤチダモ

Japanese ash / Manchurian Ash

タモの木,種類
木材の「タモ」として家具などに使われる
ヤチダモの葉っぱ
ヤチダモの新葉と蕾
タモの木,葉っぱ
ヤチダモの葉
果実、
ヤチダモの実
タモ材,樹木
樹齢を重ねると樹皮には深い裂け目が生じる

【ヤチダモとは】

・北海道及び岐阜県以北の本州に分布するモクセイ科トネリコ属の落葉高木。寒冷地の沢や谷川沿いに自生するため「谷地ダモ」と呼ばれる。全国的に見れば庭木としての利用は少ないが、北海道では街路樹や防風林として使われる。

 

・北海道においては林業上も重要な樹木であり、人為的に植林される。なお、タモという木はなく、アオダモシオジ、ヤチダモを総称してタモと呼んでいるが、北海道においてタモという場合は本種を示す。 

 

・ヤチダモの葉は7~11枚の小葉から構成され、全体の長さは40センチほどになる。小葉は長さ5~15センチの楕円形で先端が尖り、縁には細かなギザギザがある。葉の付け根に赤褐色の軟毛があることと葉柄の付け根が膨らむことが特徴。枝が太く、余計な小枝が少ないため地方によってはハンノキと同じように田の畔に植えてハサギ(稲架)とする。

 

・ヤチダモの開花は5月。新葉の展開とほぼ同時に葉の脇から円錐状の花序を出し、黄色い小花を多数咲かせるが、花弁がなくあまり目立たない。

 

・花の後にできる実はアオダモ、シマトネリコ、シオジなどと同じように翼を持ち、長さは2.5~3.5センチほどになる。9~10月に緑色から黄褐色に熟し、風が吹くと中にある1~2粒の種子が拡散されるが、落葉後もしばらくの間、枝に残ることも多い。

 

・樹皮は灰白色で幹の直径は2.5mほどになる。タモ材として重宝されるのは材は硬くて加工しやすいためだが、雄木の方がより強度が高いとされる。同じようにタモと呼ばれるトネリコに比べると材が赤く見えるため、本種をアカダモ、トネリコをシロタモという。なお、シロダモはクスノキ科の常緑樹であり、本種とは関係がない。

 

・テーブルやイスなどの家具、土木建築、ベニヤ、運動具、器具、船舶、薪などに使われるが、ヤチダモはロシア、中国北部及び朝鮮半島にも分布しており、流通するタモ材はこれらの外国産が多い。 

 

【育て方のポイント】

・日向を好む典型的な陽樹であり、日陰では葉の状態が不良になる。また、寒冷かつ湿気のある場所でなければ、成長が芳しくない。

 

・枝は太く、雄大な樹形を観賞するものであり、細々と手入れするような木ではないが、剪定には耐え、移植もできる。

 

【ヤチダモに似ている木】

・シオジ

 関東以南の暖地に生じ、小葉の数はヤチダモよりも少なく、葉の基部に軟毛がない。また、シオジの冬芽は黒いが、ヤチダモの冬芽は茶色になるのも両者の大きな違い。

ヤチダモの基本データ 

 

【分類】モクセイ科/トネリコ属

     落葉広葉/高木 

【学名】Fraxinus mandshurica var. japonica

【別名】タモ/アカダモ/シオジ

【成長】やや早い

【移植】容易 

【高さ】20m~35m

【用途】公園/街路樹/建材

【値段】1、000円~