庭木図鑑 植木ペディア > モクレン

モクレン(木蓮)

Magnolia

モクレンの花
シモクレンの花言葉は「自然への愛」
モクレンの蕾
蕾の様子
シモクレンの蕾
蕾や花は天に向かって直立する
Magnolia flower  in Japan
モクレンの花
紫色の花が咲くモクレン
ハクモクレンほどの大木にはならない
木蓮 実
モクレンの葉と実の様子
木蓮 黄葉 紅葉
黄葉の様子

【モクレンとは】

・中国の中南東部を原産とする落葉広葉樹。薬用樹として江戸時代以前(時期不明)に渡来した。漢名を「玉蘭」といい、花には圧倒的な存在感と気品がある。花期は3月~4月で、白い花が咲くハクモクレンよりも半月ほど遅れて紫色の花を上向きに咲かせる。

 

・欧米でもマグノリアとして親しまれ、数多くの園芸品種が出回っているが、原種は濃い紫色の花を咲かせる。他と区別して原種をあえて「シモクレン(紫木蓮)」と呼ぶ場合がある。

 

・日本ではハクモクレンをより多く見かけるが両者は別種。モクレンは背丈が3~5m程度にとどまるのに対し、ハクモクレンは10mを越す大木となる。ハクモクレンはしばしばコブシと混同される。

 

・木蓮という名前は、ハス(蓮)に似た花が咲く木という意味合い。花は新葉が出る少し前に咲き始め、花期は比較的長い。また、花弁が開ききらず、卵が立ち並ぶように枝先に展開するのが特徴。花弁は6枚で長さは10センチほど。緑色をした小さな3枚の「萼」が花の下にある。雄しべと雌しべを多数持つ。

 

・漢方では乾燥させた蕾(しんい=辛夷)を蓄膿症、鼻炎の薬とする。

 

・枝から互い違いに生じる葉は、長さ8~18センチで先端がわずかに突出する。表面はシワシワで裏面は葉脈に沿って細かな毛が多い。

 

【育て方のポイント】

・寒さに比較的強く、北海道でも植栽できる。

・日当たりを好む「陽樹」であり、日陰では育ちが悪い。

・湿気のある肥沃な土地を好むが、あまり土質を選ばない。

・株立ち状に育ち、枝分かれも多いが剪定は好まない。強度の剪定は樹勢が衰える原因となる。冬季に不要な枝を付け根から切除する程度にとどめるのがベター。

 

【品種】

・トウモクレン ~ あまり大きくならない変種

・キンジュ(金寿) ~ クリーム色の花を咲かせる。

・アレキサンドリナ、サラサモクレン ~ ハクモクレンとの雑種

木蓮の種類
サラサモクレンはハクモクレンとの雑種

モクレンの基本データ

 

【分類】 モクレン科 モクレン属

     落葉広葉 小高木

【学名】 Magnolia quinquepeta

【別名】 シモクレン(紫木蓮)/モクレンゲ

【成長】 普通

【移植】 普通(根は粗い)

【高さ】 3m~6m

【用途】 公園/街路樹/シンボルツリー

【値段】 2000円~