庭木図鑑 植木ペディア > ヤマナラシ

ヤマナラシ(山鳴らし)

Yamanarashi aspen

やまならし 樹木
風が吹けば、葉はカサカサと鳴り響く
冬芽 ツボミ
早春のヤマナラシ
ハコヤナギ 花
葉の展開よりも先に穂状の花が咲く
ヤマナラシ 新緑
花が落ちると葉が開きだす
ヤマナラシ 葉っぱ
葉はハート形で等間隔に並ぶ
ハコヤナギ 葉っぱ
葉の裏側の様子
ハコヤナギ 黄葉
寒冷地では綺麗に紅葉するのだが都市部では汚らしい
山鳴らし 樹木
樹高は20mを超えるが、風に弱い
箱柳 幹
樹皮には裂け目ができる

【ヤマナラシとは】

・北海道から九州に至る日本全国の山地に見られるヤナギ科の落葉樹。風でそよぐ葉音の様子からヤマナラシと呼ばれる。葉の形や性質はシダレヤナギなどの典型的なヤナギよりも、街路樹として有名なポプラに近い。

 

・雌雄異株で、葉に先立って3~4月に開花する。雌花は長さ10センチほどで黄緑色、雄花は長さ5センチほどで薄茶色になる。雌花の後には同じような穂状の実がなり、綿毛を持った種子(柳絮)ができ、初夏に拡散される。

 

・葉は長さ5~10センチの三角形に近いハート型で、先端が尖る。柄が長く、葉と葉の間隔が狭いため、ちょっとした風でも葉と葉が触れ合って音がなることから「山鳴らし」と命名された。

 

・若葉の裏面は絹のように白く輝いて美しいが、黄葉した葉は翌春まで汚らしく枝に残る。

 

・樹齢が浅いうちは枝や幹が白く見えるが、次第に裂け目ができ、黒っぽい菱形の模様(そろばん玉のようなもの)が浮かび上がってくる。

 

・材は建築、器具、彫刻に利用され、特に木箱を作るのに重用されたことからハコヤナギという別名がある。また、かつてはマッチの軸やパルプにもこの木が使われた。

 

【育て方のポイント】

・自生地は開けた山地で、ヤナギと同じように日向を好むが、ヤナギほどには湿気を好まない。

 

・根が浅く、風の影響を受けやすい。風の強い場所では木が斜めになっているようなケースもある。倒木の危険性を除去するためにも剪定して管理したいところであるが、剪定には弱い。

 

・暖かい平地に植えると病害虫の被害が多く、健全な葉を維持するのは難しい。以上のことから庭木としてはあまりお勧めできない。

 

【品種】

・エゾヤマナラシ

 北海道に分布するヤマナラシで、枝葉に毛がないのが特徴。

 

 【名前が似ている木】 

ヤマナシ

ヤマナラシの基本データ 

 

【分類】 ヤナギ科 ヤマナラシ属

      落葉広葉/高木 

【学名】 Populus tremula var. sieboldii、

【別名】 ハコヤナギ/アサアラシ/ヤマアラシ

【成長】 早い

【移植】 難しい 

【高さ】 10m~25m

【用途】 公園

【値段】 3000円~