庭木図鑑 植木ペディア > ミヤマウグイスカグラ

ミヤマウグイスカグラ(深山鶯神楽)

Miyama uguisu kagura

(species of honeysuckle)

ミヤマウグイスカグラ 花
花は長さ1~2cmと小さい
みやまうぐいすかぐら 特徴
花の付け根には細かな毛が目立つ
miyamaugusiukagura
横から見ると蕊は突き出している
赤くて甘い実
夏にできる実は、生食できる
みやまうぐいすかぐら 実
よく見ると毛で覆われている

【ミヤマウグイスカグラとは】

・山陰地方以北の本州、四国及び九州に分布するスイカズラ科の落葉低木。「ミヤマ」は「深山」で、山地から深山にかけて見られるウグイスカグラの仲間。ヤマウグイスカグラの変種と考えられている。

 

・花の付け根、花の先端、子房(=実)、葉の付け根に著しく毛があるのが、ウグイスカグラとの大きな違い。

 

・4月頃、葉が開くのとほぼ同時に画像のような花が咲く。花はウグイスカグラよりもやや大きいものが多い。 

 

・葉は楕円形で枝から対になって生じる。葉にも毛が多く、指で触れるとザラザラしているのが分かる。枝は分岐が多く、ウグイスカグラよりもやや赤みがある。

 

・6~7月にできる実は表面が毛で覆われており、ウグイスカグラのそれとは質感がやや異なるものの、甘味があって食べられる実の大きさはさほど変わらない。

 

【育て方のポイント】

・木の下でも育てることはできるが、基本的には日向を好み、日陰では花や実が少なくなり、枝葉がまばらになる。

 

・水はけの良い場所を好むが、適応力はあり、比較的土質を選ばずに育つ。

 

・繁殖は挿し木、実生による。

 

【似ている木】

ウグイスカグラ

ミヤマウグイスカグラの基本データ

 

【分類】スイカズラ科/スイカズラ属

    落葉広葉/低木 

【学名】Lonicera gracilipes Miq.

     var. glandulosa Maxim. 

【別名】

【成長】早い

【移植】実生あるいは挿し木によるものが一般的。

【高さ】1m~2m

【用途】花木/公園

【値段】1000円~