庭木図鑑 植木ペディア > ミツバツツジ

ミツバツツジ/みつばつつじ/三葉躑躅

Mitsuba tsutsuji

薄紫のツツジ
早春に鮮やかな花を咲かせる
三つ葉ツツジ,芽,みつばつつじ
冬芽の様子(キヨスミミツバツツジ)
みつばつつじ,樹木
蕾の様子
Mitsuba tsutsuji
蕾の様子2
花の時季
開花は地域によって3~5月
ミツバツツジ 花 画像
基本種は雄しべが5本だが・・・
ミツバツツジの種類,みつばつつじ
10本の品種が多い(画像はキヨスミミツバツツジ)
ミツバツツジ 花期
枝は車輪状で、野趣がある
葉っぱ
新葉の様子
ミツバツツジ 新芽
若葉は毛が多く、内向きに巻く
葉っぱ,みつばつつじ,画像
成葉は菱形に近い
みつばつつじ 紅葉
秋にはオレンジや・・・
みつばつつじの黄葉
紫色に紅葉する
mitubatutuji
樹高は3m程度になる
幹
樹皮の様子

【ミツバツツジとは】

・関東、東海及び近畿地方に分布するツツジ科の落葉樹、太平洋側の丘陵や低山に自生し、数多いツツジの仲間のうち最も早く開花して早春を彩る。地域差による品種や変種が非常に多く、正確に分類するのは困難とされるが、基本種のミツバツツジは雄しべが5本、それ以外の多くは10本であるため比較的見分けやすい。

 

・単にミツバツツジという場合、基本種のミツバツツジを指すこともあるが、近縁種の総称としてミツバツツジということも多い。代表的な品種には、トウゴクミツバツツジ、サイコクミツバツツジ、トサノミツバツツジキヨスミミツバツツジ、ヤクシマミツバツツジ、コバノミツバツツジ、ダイセンミツバツツジなどがある。

 

・開花は葉の展開に先立つ3~5月。画像のような紅紫色が基本だが、個体によって色合いは微妙に異なる。ふつう2~3花がまとまって分岐した小枝の先に咲く。花は漏斗型で先端は五つに裂け、全体の直径は5センチほどになる。花の後には実がなり、7~10月頃に熟すと五つに裂けて種子を落とす。

 

・名前のとおり3枚の葉がセットになって枝先に付くが、葉が2枚しかないこともある。若葉は両面に毛があり、触ると粘り気がある。成葉は菱形に近い形で先端が尖り、長さは3~7センチ。 

 

【ミツバツツジの育て方のポイント】 

・日向であれば土質を選ばずに育つ。

 

・剪定に十分耐えるが、枝の出方が粗いため、丸や四角といった幾何学的に刈り込むような木ではない。極端に伸びた枝を根元から取り除くような剪定が望ましい。普通はメインとなる幹がなく、株立ち状に育つ。

 

【ミツバツツジの品種】

トサノミツバツツジ

 近畿地方に多い品種で、雄しべは10本、葉の両面に点々の模様がある。

 

・サイコクミツバツツジ

 西日本の山地に多い品種。葉の付け根付近に毛があること、10本の雄しべには長短があることが特徴。

 

キヨスミミツバツツジ

 サイコクミツバツツジに似るが、全体に毛が少なく、葉が小さい。関東から近畿にかけて分布する。

 

トウゴクミツバツツジ

 関東や中部地方の山中に多い品種。葉がより大きい。 

 

 

コバノミツバツツジ

 葉が小型で、花柄に褐色の毛がある。静岡県以西に見られる。

 

・ダイセンミツバツツジ

 

 トウゴクミツバツツジに似るが、花柱に毛がない。樹高が4m近くになるなど他の品種より大型で、近畿から中国地方に分布する。

大山みつばつつじ
ダイセンミツバツツジ

ミツバツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ツツジ属

    落葉広葉/低木

【漢字】三葉躑躅(みつばつつじ)

【別名】

【学名】Rhododendron dilatatum

    var.dilatatum

【英名】Mitsuba tsutsuji

【成長】早い

【移植】ふつう

【高さ】2~3m

【用途】公園/切り花/公園

【値段】500円~