庭木図鑑 植木ペディア > ホオノキ

ホオノキ/ほおのき/朴の木

Japanese white bark magnolia

ホウノキの花 画像
花言葉は「誠意ある友情」 花は優しく甘い香りがする
ホウノキ,冬芽,画像
ホオノキは冬芽も存在感がある
ほおのき 冬芽
春には気温の上昇と共に刻一刻と姿を変え・・・
ホオノキ 春
花が咲いているかのように見える時期もあるが・・・
ほうのき,ツボミ
ホントの花は5月上旬ころに咲く(蕾の様子)
ホオノキ 香り
しかし地上高くに咲き、見付けにくい 
ホオノキ 新緑
成葉の様子(初夏のころ)
ホオノキの葉っぱ 画像
葉の裏側の様子
餡入り餅 ほおば 木曽地方
若葉で作った朴葉巻は、月遅れの端午の節句に使う
朴の木 葉
大きな葉は、虫たちにも人気がある
ホオノキ 庭木図鑑
家に植えるには大きすぎる
ほうのきの実
花の後にできる果実も大きく・・・
ホオノキの実と種 画像
強烈な印象を持つ
ホウノキ,タネ
こぼれ落ちた種子は褐色に熟す
朴ノ木の実生
林の中では、種から芽を出した「実生」を見掛けることも
朴,紅葉
秋になると黄葉し・・・
朴 落葉
落ち葉は辺りを覆い尽くす
ほおのき 幹 画像
樹皮の様子

【ホオノキとは】

・北海道から九州まで、各地の山地に幅広く自生するモクレン科の落葉樹。日本のほか中国にも分布する。 

 

・花、葉、実のすべてが大型。自然界では幹の直径が1m近くに達するため元来は庭木としての利用は少なかったものの、端整な樹姿が好まれて観賞用として使われることが増えてきた。 

 

・新緑の頃(5~6月)に咲くクリーム色の花は、花弁が9枚で直径は15~20センチほど。開花期に木の近くにいくと、ほのかに甘い香りがする。大きな花は散り際も見事であり、その様子を表す「朴散華」という言葉があるほど。

 

・果実はたくさんの果実が集まって長さ10~15センチ程度になる。秋に熟すと紅色になって美しいが、自然に裂けて中から2粒の種が飛び出す様はややグロテスクになる。キツツキの仲間はホオノキの種を好んで食べる。

 

・ホオノキの葉は長さ20~40センチ、幅10~25センチほど。枝先に集まって生じ、一見するとトチノキに似るが、縁にギザギザがない。両者の違いは落ち葉を見ればより明らかであり、ホオノキは葉が1枚1枚分かれるが、トチノキは掌状のまま落葉している。落ち葉は木の下を埋め尽くすほどになり、地面を見れば近くにホオノキのあることが分かる。

 

・葉は「ホオバ」と呼ばれ、若葉はカシワのように食べ物を包むのに使われた。これにちなんで「包(ホオ)」と名付けられたとの説が有力。現代でも朴葉味噌(飛騨高山)、朴葉寿司(恵那)、朴葉餅(朴葉巻)など、各地の名物としてその名残が残る。

 

・幹は灰白色で、樹齢を重ねてもシワが入らず滑らか。山の中でも比較的見分けやす。樹皮は「厚朴(こうぼく)」という漢方薬に使われ、腹痛に効果があるという。

 

・ホオノキは成長が早いため材はやや柔らかめだが、質が均一で加工しやすいことや軽量であることから、建具、タンスの引き出し、まな板、額縁、版木、定規、鉛筆、ピアノの鍵盤、将棋の駒、太鼓のバチ、ラケット、下駄(朴歯)、漆器の木地、刀の鞘(さや)などに幅広く用いられる。材は日本の木としては珍しく緑色を帯び、北海道産よりも本州産の方がよりその傾向が高いという。

 

【育て方のポイント】

・寒さに強い 

・自然に形が整いやすい。 

・樹勢が強く、丈夫。病害虫も少ない。 

・芽を出す力はあるものの、剪定によって形が乱れやすい。狭い庭には全く向かない。

 

【ホオノキの品種、似ている木】

・ナガバホオノキ

 九州を原産とする品種で、葉の幅が通常のホオノキより狭い(12センチ以下)。

 

・ウケザキオオヤマレンゲ 

 ホオノキとオオヤマレンゲの雑種で、ホオノキ同様、初夏に大きな白い花を咲かせる。

うけざきおおやまれんげ
ウケザキオオヤマレンゲ

ホオノキの基本データ

 

【分類】モクレン科 ホオノキ属

    落葉広葉 高木

【学名】Magnolia hypoleuca

【別名】ホオガシワ/ホホガシ/ホウ

    ホウノキ/キツネノカラカサ

【成長】早い

【移植】難しい

【高さ】10m~30m

【用途】公園/工場の緑化

【値段】1000円~