フヨウ/ふよう/芙蓉

Cotton rose hibiscus

芙蓉 木 花言葉
花言葉は「繊細な美」だが、太陽が照り付ける中、大きな花が力強く咲く
芙蓉の木の蕾
蕾も大きくて目立つ
木芙蓉,開花時期
フヨウの花 雌しべの先端は五つに裂ける
花の時期,フヨウ,種類
開花時期は7~10月と長いが・・・
フヨウの木の花
一輪当たりの寿命は短く、朝咲いて夕方に萎む
ふよう,花木
花の裏側(萼)の様子
白芙蓉
白花種
白い花のフヨウの木
花弁に縦皺が入るのも本種の特徴
木芙蓉 手入れ
剪定しなければ高さは4m以上にもなる
Cotton rose hibiscus,leaves,picture
葉の直径は10~20センチと大きく、プラタナスに似る
フヨウ 木 葉っぱ
葉の裏側には灰色の毛が密生する
芙蓉の黄葉
黄葉の様子(スイフヨウ)
フヨウの種 果実
果実は10月頃に成熟し、種が無数に含まれる
Cotton rose hibiscus,picture
フヨウの繊維は強く、「小皮紙」の原料になる

【フヨウとは】

・中国の中部を原産とするアオイ科の落葉低木。日本では九州と四国の南部、沖縄の沿海地に野生化したものが自生する。ハイビスカスの仲間であり、夏から秋にかけて咲く鮮やかな花を観賞するため、庭木、公園樹あるいは街路樹として植栽される。

 

・フヨウという名前は中国名に由来するが、中国では「木芙蓉」と表記し、中国での「芙蓉」はハスを意味する。「木芙蓉」は、花がハスに似ている木という意味。

 

・フヨウの開花は7~10月(沖縄では春と秋の二回)で、上部にある葉の脇に咲く。直径10~15センチと大きく存在感もあるが、一日しかもたない「一日花」であり、その儚さが風情を感じさせる。中国では古くから美人の形容に使われ、日本でも絵画、詩歌の題材となり、着物や工芸品にデザインされることが多い。

 

・花弁は淡い紅色か白色で縦皺が入り、やや螺旋状に生じる。花の中央にある雌しべ(花柱)の先端は五つに裂け、合着して筒状になった多数の雄しべに連なる。花の後にできる果実は直径2~3センチの堅い球形で全体に粗い毛があり、10~12月に熟すと五つに裂けて、毛のある種子を飛ばす。

 

・葉は直径10~20センチの手のひら状で、浅く3~7つに裂け、縁には鈍いギザギザがある。葉の両面、葉柄に白毛があり、触れるとザラつく。長い柄があり、枝から互い違いに生じる。

  

【フヨウの育て方のポイント】

・半耐寒性で東北地方南部以南の暖地に植栽できる。寒冷地では冬に地上部を枯らすため、園芸的には宿根草のような扱いとなる。

 

・日向であれば土質を選ばずに育つ。アスファルトやコンクリートの隙間から顔を出すほど力強い。環境の悪い高速道路の街路樹としても使われる。

 

・温暖な時季であれば根元で切り戻してもすぐに復活するが、花はその年に伸びた枝の先端に咲くため、開花前に切り戻すと花つきが悪くなる。

 

・株立ち状に育ち、上部で多数枝分かれするのが基本だが、冬を迎えるころに地上部をすべて切り除くように管理すると、高さ1.5m程度の状態を維持できる。

 

・ハマキムシの発生が見られるので、見付け次第、駆除する。

 

【フヨウの品種】

スイフヨウ(酔芙蓉)

 八重咲きになる園芸品種。朝に白い花を咲かせ、午後からピンクに変わる様を、人が酒に酔った様子になぞらえて命名された。

 

・サキシマフヨウ

 九州西部以南に分布する南方系のフヨウ。沖縄などでは普通に見られ、葉の切れ込みがフヨウよりも浅い。

 

・アメリカフヨウ(セイヨウフヨウ) 

 手が隠れるほど巨大な花を咲かせる品種で、日本でも盛んに栽培されている。葉に裂け目がなく、花数は多い。

先島芙蓉の花
サキシマフヨウ
西洋芙蓉,花
アメリカフヨウ

 

【フヨウに似ている木】

ムクゲ

 同じ時季に同じような色合いの花を咲かせる。

 

ブッソウゲ(ハイビスカス)

 熱帯及び亜熱帯を原産とする仲間。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フヨウ ロザン 3.5号ポット苗 【ハナヒロバリュー】
価格:1399円(税込、送料別) (2021/5/19時点)


フヨウの基本データ

 

【分類】アオイ科/フヨウ属

    落葉広葉/低木

【漢字】芙蓉(ふよう)

【別名】モクフヨウ(木芙蓉) 

【学名】Hibiscus mutabilis

【英名】Cotton rose hibiscus

【成長】かなり早い

【移植】やや難しい

【高さ】~4m

【用途】公園/街路樹/鉢植え  

【値段】500円~