庭木図鑑 植木ペディア > ヤマグワ

ヤマグワ/やまぐわ/山桑

Chinese mulberry

桑の実 画像
夏にできる実は甘味があって美味しい
山桑,ふゆめ,やまぐわ
ヤマグワの冬芽
桑の花 画像
春には葉が開くと同時に、ヤナギと似たような花を咲かせる
Chinese mulberry
若葉の様子
山桑,葉っぱ,画像,やまぐわ
成葉はギザギザのハート型が多いが・・・
柘,葉っぱ
ヤマグワらしいのは、こうした葉
桑の葉の形
じつは様々なバリエーションがある
桑の葉っぱ 裏
葉の裏面の様子
柘の木,果実
果実はドドメ色の語源になったという
桑 樹高 おおきさ
樹高は10mを超えるものもある
クワノキ,紅葉,やまぐわ
秋には黄葉する
Chinese mulberry
樹皮は灰褐色で縦にスジが入る

【ヤマグワとは】

・日本全国の山地に広く自生するクワ科の落葉樹。かつては中国産のマグワと共に養蚕のための重要な飼料として栽培され、「蚕が食う葉」から「クワ」と呼ばれる。

 

・クワには北陸から東北で多く栽培されたヤマグワ、九州南部から中国に分布する暖地性のシマグワ、中国中南部原産で九州、四国及び中国地方で栽培されたロソウ、日本全国で栽培された中国産のマグワ(=トウグワ)、伊豆諸島のハイチジョウクワ、小笠原諸島のオガサワラグワなどがある。狭義ではヤマグワのみがヤマグワだが、広義では暖地性のシマグワ(島桑)に対して耐寒性のあるヤマグワ(山桑)を意味し、ヤマグワ、トウグワ、ロソウを総称する。

 

・葉は長さ7~20センチ、幅5~12センチほどで、枝から互い違いに生じる。形は画像のとおり多様だが、若い木では裂け目が多く、成木になると楕円や卵形になりやすい。いずれも先端が尖り、縁にはギザギザがある。なお蚕はクワ以外にコウゾ、タンポポ、チシャ、アキノノゲシなども食べるが、クワの葉を最も好む。

 

・雌雄異株(稀に同株)で、4~5月ころに花が咲く。花弁はなく、雄花には4本の雄しべ、雌花には1本の雌しべがある。

 

・雌の木に咲く雌花の後には長さ5~14ミリほどの果実ができる。でき始めの実は白っぽく、次第に赤、紫、黒へと変化しながら7~8月頃に熟していく。未熟な実は硬くて酸っぱいが、熟した実は柔らかくて甘みがあり、昔は子供のオヤツになった。生食のほか、ジャムやアイスクリーム等に加工して利用できる。

 

・地方によってはクワの実を「ドドメ」と呼び、ここから「ドドメ色」という表現が生まれたとする説がある。

 

・直径は最大で60センチほど。樹皮は灰色っぽい褐色で、樹齢を重ねると縦に剥離する。材は硬質で耐久性が高いことに加え、色味が良く、「杢(もく)」と呼ばれる美しい模様が入りやすいことから、床柱、框(かまち)、茶道具、家具、工芸品、仏壇などに使われた。材としてはシマグワが勝るが入手は難しい。

 

【育て方のポイント】

・日本のほか東南アジアやヒマラヤにも分布する。暑さ寒さに強く、丈夫で育てやすい。

 

・成長が早く、枝葉が間延びすることや、葉が大きいことから、観賞用として扱うことは少ないが、例えば昭和時代の農村をテーマにした

庭園を造るような場合にあえて使用することがある。

 

・根に病菌がつきやすい。

 

・実生、挿し木で増やす。

 

【園芸用のクワの品種】

・フイリヤマグワ

・シダレヤマグワ

・コウテングワ(ウンリュウグワ)

 曲がりくねる枝が独特であり、生け花に使われる。大正時代に実生から作出された。

桑 品種
枝が下垂するシダレヤマグワ
加工花材,曲がる枝,こうてんぐわ
コウテングワは生け花に使われる

ヤマグワの基本データ 

 

【分類】クワ科/クワ属

     落葉広葉/高木 

【学名】Morus austrails

【別名】クワ

【成長】早い

【移植】普通 

【高さ】m~12m

【用途】養蚕/鉢植え/公園

【値段】1、000円~