庭木図鑑 植木ペディア > モチノキ

モチノキ(黐の木)

Mochinoki Holly

特徴
和の庭園には、モッコク、モクセイ、モチノキが欠かせない
刈り込み
端正に刈り込まれたモチノキの様子
生垣,もちのき
モチノキを用いた垣根の例
モチノキの剪定
剪定しないと、こんな感じになる
モチノキの葉っぱ
さしたる特徴がないのが特徴だが・・・
モチノキ 日陰 特徴
日陰でも緑色の葉を保ちやすい
モチノキの蕾 画像
蕾の様子
モチノキの花,画像
開花は春(4~5月)だが、話題にならない(雄花)
モチノキの花,写真
花の直径は1センチもない(雄花)
モチノキ,雌花
雌花は中央部がプックリしている
モチノキの実,画像
雌の木には実ができる
もちのきのみ
モチノキの実
モチノキ 赤い実
都会では、あまり綺麗ではない状態の物が多い
モチノキ,実
鳥に食べられずに残った実の様子
もちのき 幹
樹皮は薄い灰色

【モチノキとは】

・福島県以南の本州、四国及び九州の山地や海辺に自生する常緑樹。派手な庭木が増えた現代においてその知名度は低いものの、日本庭園には欠かせない植木であり、モッコクモクセイとともに「庭木の三大名木」とされる。日本のほか朝鮮半島の南部や中国の暖地に分布する。

 

・雌の木に赤い実ができること以外は、年間を通じた変化が少ないため、庭の背景を作るために使われることが多いものの、幹が太くて風格のあるものは主木としても使われる。

 

シラカシシイなどと同様に高生垣として使われることもある。モチノキは葉が堅いため特に整然とした垣根になる。また、潮風に強いことから海岸沿いの防風、防潮用として、葉に水分が多いことから防火用として使われることもある。大気汚染にも強い。

 

・葉は枝から互い違いに生じ、長さは4~8センチほどになる。革質で表面には光沢があるものの、緑色が濃くて暗い印象を与えることが多い。稚樹のうちは葉の縁に多少のギザギザがあるが、成木の葉は縁が丸い。

 

・樹皮から鳥糯が採れるためモチノキと呼ばれるようになり、より良質の鳥糯ができるヤマグルマと共にトリモチノキという場合もある。現在は法律で禁止されているが、かつての子供たちは篠竹などの先に鳥糯を付け、野鳥や昆虫を捕まえるのに用いた。トリモチは、夏に剥いだ樹皮を2~3か月ほど水に漬け込み、これを臼等で砕いて作る。

 

・モチノキは雌雄異株で、雌の木には雌しべ1つと退化した4つの雄しべを持つ雌花が咲く。雌花はたいてい数輪がまばらに咲くだけであまり目立たない。雄の木に咲く雄花には4本の雄しべがある。雄花は同じモチノキ科のタラヨウのように葉の付け根にこんもり咲くため見付けやすい。

 

・雌の木には秋(11月頃)になると直径1センチ程度の朱色の実ができる。これは鳥の餌になるが、画像のように年明けまで枝に残るものもあり、人気の品とはいえない。実の中には種が四つ入っており、モチノキの繁殖はこの実生によることが多い。 

 

・樹皮は画像のような灰褐色で、材は堅くて緻密であり、彫刻、ソロバンの玉、数珠、櫛、印鑑などに使われる。樹皮は上記の鳥黐に使うほか、薬用、染料にされる。

 

【育て方のポイント】

・暖地性の木であり、植栽の適地は東北南部以南となる。場所を選べば東北中部でも育てられるが、冬に葉が黄変して見苦しくなる。

 

・日照を好む木であるが、半日陰でも育つため家の北側にも使用できる。乾燥した場所よりは湿気のある場所の方が葉色は良くなる。やや粘土質で保水性と養分のある場所が理想的。

 

・成長が遅く、樹形が乱れにくいことがモチノキの長所だが、枝葉が密生するとカイガラムシが発生し、それに起因するスス病が起こりやすい。 また、ハマキムシ、ツノロウムシ、ルビーロウムシなどの発生も見られる。

 

・自然樹形はほぼ楕円形だが、庭で使う場合多くは画像のとおり球状に刈り込まれる。刈り込まれた後の復元性は高いが、イヌツゲなどと比べれば葉が大きく、刈り込んだ直後の葉は見苦しくなる。

 

・剪定の適期は6月~7月と11月~12月で、年に二回行えばより良い。ただし、刈り込むのはかなり大きくなった個体に限り、樹齢の低いものは不要な枝を元から切除する程度にとどめる。また、上述の病害虫の被害を防ぐためには時折、枝を透かすような剪定が必要となる。

 

【モチノキの品種】

・園芸品種では、葉が黄色いオウゴンモチノキ(黄金葉モチノキ)や葉に模様が入る「白覆輪」、黄色い実がなる「キミノモチノキ」などが知られる。

・野生種では、西日本の一部地域に見られるシイモチ、日本海側の山地にのみ見られるヒメモチがある。

もちのき 種類 黄色い葉
葉が黄色い「黄金モチノキ」
モチノキ 品種 種類
葉に模様が入るモチノキ「白覆輪」
シイモチの木
シイモチの葉は椎に似る

【モチと名の付く木】

 モチノキの仲間であるもの、そうでないもの含めていろいろな「~モチ」がある。

 

クロガネモチ

 モチノキは葉の付け根や軸が黄緑色だが、クロガネモチは紫がかった色になる。葉の色はクロガネモチの方が明るめ。

ヒイラギモチ

 別名を「シナヒイラギ」といい、同じモチノキ科だがモチというよりはヒイラギに似た棘のある葉を持つ。 

カナメモチ

 葉の縁にギザギザ(鋸歯)があること、新芽が赤いことで区別できる。よく似たレッドロビンと同じバラ科であり、モチノキとの直接の関連はない。 

ネズミモチトウネズミモチ

 いずれもモクセイ科の常緑樹で、葉はツバキ並みに艶々し、葉脈が透けて見えるほど薄め。実はネズミの糞に例えられる黒色になる。

 

モチノキの基本データ

 

【分類】モチノキ科/モチノキ属

    常緑広葉/小高木 

【学名】Ilex integra 

【別名】モチ/トリモチノキ/トリモチ

【成長】遅い 

【移植】簡単 

【高さ】5m~30m 

【用途】垣根/シンボルツリー

【値段】500円~