庭木図鑑 植木ペディア > マンリョウ

マンリョウ(万両)

Coralberry

マンリョウ 赤い実
手入れに手間がかからず、気軽に育てられる
万両,特徴
こんな岩地や日陰でも育つ
Coralberry,leaf,picture
マンリョウの葉
マンリョウ,ツボミ
マンリョウの蕾
マンリョウ 開花時期
夏に小さな花を咲かせ・・・
ハナタチバナ,ヤブタチバナ
冬に赤い実をつける
シロミノマンリョウ 
白い実をつける品種もある 
万両 紅白 実
紅白を寄植して縁起を担ぐことも多い 
万両 樹木図鑑
下の葉を落としながら樹高1mくらいになる

【マンリョウとは】

・東アジアの広い範囲に見られるヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑低木。日本では茨城県以南の太平洋岸と鳥取県以南の日本海岸に分布する。かなりの日陰にも耐えるため、昔から和風庭園の下草として使われる。

 

・秋から冬になる赤い実は艶やかで美しく、鉢物としてセンリョウなど共に正月飾りに用いられる。同じように赤い実をつけるセンリョウより美しく、価値が高いとして、江戸時代中期以降から万両と称されるようになった。これらと共にアリドオシ(一両)を植え、「千両、万両、有り通し(お金がいつもあるの意)」と縁起を担ぐことで知られる。

 

・葉は長さ10センチほどで緑色が濃く、縁がシワシワに波打つのが特徴。

 

・あまり話題にならないが、7~8月になると枝先にピンクがかった白い小さな花を咲かせる。よく見ると可憐で美しい。花の後にできる実は寒さが深まるにつれて赤さと光沢を増すが、観賞時期には小鳥に食べられてしまうこともある。

 

・実が白い「シロミノマンリョウ」という種類があり、縁起を担いで紅白併せて植栽されることも多い。シロミノとはいえ実際のところ、クリーム色に近く、キミノマンリョウ(黄実の万両)という言い方もある。

 

【育て方のポイント】

・日陰から半日陰の下草として利用できる。日向でも育てられるが、葉の色が悪くなる。 

 

・剪定の必要がなく、手間がかからない。(芽を出す力が弱く、剪定には向かない。) 

 

・いわゆる「忌地植物」であり、他の植物が育った後の痩せた土地では生育がやや悪い。また、根が真下にしか伸びず、細根が少ないため、大きくなったマンリョウの移植は難し。一方、実を食べた鳥が糞をすることで思わぬ場所に増殖する「野良マンリョウ」が多い。

 

【センリョウとマンリョウの違い】

・センリョウと混同されることがあるが、センリョウの実は葉の上に、マンリョウの実は葉の下にできる。また、葉の形も異なる。

 

【マンリョウの品種】 

・江戸時代にはマンリョウの品種改良が流行し、葉の色形の微妙な違いを楽しんだ。現代ではそれほどの隆盛はないが、名残としていくつかの品種が残る。代表的なものは、実が大きいオオマンリョウ(宝船)や紅葉する「紅孔雀」、葉に模様が入る「千鳥」など

万両 種類
葉に模様が入る品種もある
万両,種類
こんな色の品種も・・・

マンリョウの基本データ

 

【分類】ヤブコウジ科 ヤブコウジ属

    常緑広葉 低木 

【学名】Ardisia crenata 

【別名】ハナタチバナ/ヤブタチバナ 

    アカキ/アカギ

【成長】やや遅い 

【移植】簡単 

【高さ】0.5m~1m 

【用途】下草/和風庭園/鉢植え 

【値段】300円~