庭木図鑑 植木ペディア > モクゲンジ

モクゲンジ

Golden rain tree

yellow flower tree
奇妙な名前はムクロジが変化したもの
センダンバノボダイジュ
芽吹きのころの特徴的な葉
センダンバノボダイジュ
初夏の頃の葉の様子
センダンバノボダイジュ
葉の裏側の様子
開花期 もくげんじ
モクゲンジの花は夏に咲く
Golden-rain tree,flower,picture
一つ一つの花は小さいが、よく見ると美しい
モクゲンジの実 写真
花の後には袋状の実ができる
もくげんじ 葉っぱ 図鑑
夏の葉の様子
モクゲンジの実 種子
実は秋になると色づき・・・
センダンバノボダイジュ
黄葉、そして落葉後も・・・
もくげんじ 特徴
枝に残る
もくげんじ
樹皮の様子

【モクゲンジとは】

・中国及び朝鮮半島を原産とする落葉樹。センダンのような葉を持ち、種子が数珠の材料になることから、別名「センダンバボダイジュ」とも呼ばれる。

 

・日本には古くに渡来し、実用的な意味合いもあって主に寺院に植栽され、現在では大木となっているものも多い。

 

・日本海側の限られた地域(富山、兵庫、山口等)では野生のものが見られるが、その数は次第に減少しており、天然記念物に指定されるものもある。

 

・モクゲンジという名前は、ムクロジの中国名(木患子)を音読みした「モクカンシ」が転訛したもの。ムクロジと本種を混同したことに由来するという(諸説あり)。

 

・鳥の羽根のような葉は数多くの小葉からなる。小葉の形状は複雑で、新緑のころは特に美しい。

 

・7月から8月にかけて写真のような黄色い花を咲かせる。花は高さ30センチほどの円錐状で独特の香りがあり、ミツバチにとっては格好の密源になる。なお、花の散る様子を金色の雨に例えて「Golden rain tree」という英名がある。

 

・秋になるとホオズキのような袋状の実をつける。実には直径6mm程度の硬い種子が3~6個含まれており、これが数珠や首飾りとして加工される。また、これを炒めて食用とすることもある。

 

【育て方のポイント】

・やや寒さに弱いが、本州以西に植栽できる。

 

・日当たりがよく、かつ適度に湿気のある場所を好む。

 

・苗木が市販されているが、大きくなることや寺院のイメージがあること等から一般家庭で植栽されることは少ない。狭い場所向けには、横幅が広がらない「ファスティギアータ」という種類がある。

 

【モクゲンジとオオモクゲンジの違い】

・似たような花を咲かせるが、オオモクゲンジは花季が9~10月ごろと明らかに遅い。花数はモクゲンジよりオオモクゲンジの方が多いものの、花そのものはオオモクゲンジの方がより小さい。

 

・モクゲンジの葉は、縁にギザギザがあるのが基本だが、オオモクゲンジにはないのが基本(例外も多い)。

 

・最大樹高は名前のとおり、オオモクゲンジの方が高く、20m以上に達する。

モクゲンジとオオモクゲンジ
モクゲンジの葉
オオモクゲンジとモクゲンジ
オオモクゲンジの葉

見分け 区別 特徴
モクゲンジの花
見分け方 違い
オオモクゲンジの花

モクゲンジの基本データ

【分類】ムクロジ科/モクゲンジ属

    落葉広葉/高木 

【学名】Koelreuteria paniculata

【別名】センダンバノボダイジュ

【成長】やや早い 

【移植】普通 

【高さ】10m~15m

【用途】公園/寺院 

【値段】800円~