庭木図鑑 植木ペディア > ムクノキ

ムクノキ(椋)

Aphananthe oriental elm

椋木 樹木
紙やすりの代用になるムクノキの葉っぱ
ムクノキ,新葉
葉の展開と同時に花が咲く
ムクノキ 花 時期
ムクノキの花 
ムクノキ 葉っぱ 画像
葉は薄く、カサカサした感触がある
椋木 特徴
葉の裏は白味を帯び、葉脈が綺麗に並ぶ
椋木 実 画像
ムクノキの実は夏にできはじめ・・・
ムクノキ,植物
黒くなり・・・
椋木 実 画像
熟すとシワシワになる
むくのき 樹木
樹高は20mほどに
椋木の幹
樹皮は白っぽいが・・・
椋木 特徴
古木になると「樹洞」と呼ばれる空洞ができやすい

【ムクノキとは】

・関東地方以西の山地や低地に普通に見られるニレ科の落葉高木。ケヤキエノキの仲間で、その雄大な樹形から天然記念物や御神木とされることも多い。日本のほか中国や東南アジアの各地に見られる。

 

・5~6月に黄緑色の花が咲くが、あまり目立たない。秋(10~11月)にできる実はエノキより大きく、椋鳥(ムクドリ)などの小鳥がよく集まる。ムクノキの実は甘味があって食用になり、地方によってはこれをアンコと呼ぶ。熟した実はくすんだ黒紫色で、この色には「椋実色(むくみのいろ)」という名前がある。

 

・葉は写真のとおり表面に光沢がなく、縁にはギザギザがある。裏も表も細かな剛毛があってザラザラしており、乾燥させた物は紙ヤスリ代わりに木材を研磨するのに使われる。またムクノキの材は餅つきの杵や船舶の用材ほか建材にも使われる。 

 

・名前の由来には諸説あり、木が古くなると樹皮が細長い剥片となってはがれる(剥く)ことにちなんだとするもの、上述のとおり木工用のヤスリになることにちなみ「木工の木」と呼ばれたことにちなんだとするもの、ムクドリが好んで実を食べることにちなんだとするもの(これだと鳥と木のどちらが先か分からない)、ヤスリになって物を剥く(むく)ことにちなむとする説などがある。

 

・幹は直立し最大で直径4mにもなる。材が硬いため、建築、造船、器具に使われる。また、ムクノキの根はいわゆる「板根」状になりやすく、巨木ではその傾向が顕著である。

 

【育て方のポイント】

・病害虫に強く、丈夫に育つ。

 

・成長が早くて巨木になりやすいが、芽を出す力は強いため、剪定に耐える。

 

・根が深く、強風に耐えるため、防風用の樹木として優れている。

 

・苗木は入手しにくい。  

 

【ムクノキとエノキの見分け方】

・「椋になっても木は榎」あるいは「ムクノキの下でエノキの実を拾う」という諺がある。これらは強情な様子を示したもので、ムクノキの幼木が育って大きくなり、明らかにムクノキだと分かるようになっても、最初にエノキだと見立てた人は最後までエノキだと言い張る様をいう。

 たしかに、ムクノキは老木になると幹に穴(洞)が空きやすく、奇怪な形の幹になるものが多い。こうした特徴はエノキやケヤキにはほとんど見られないため、見分ける際の手掛かりになる。

 しかし、もっとも簡単な見分け方は、葉の表面で自分の爪を磨いてみることである。既述のとおりムクノキの葉はザラザラしており、爪を磨くことができるが、エノキはツルツルしていて爪磨きにはならない。

 また、秋であれば実の違いで区別できるだろう。できはじめのエノキの実は緑、赤、黄色が入り混じってカラフルになるが、ムクノキの実は緑、黒、褐色と一貫して地味である。直径は1センチ前後で、エノキよりも明らかに大きい。

見分け 区別
葉の表側の様子(上がムクノキ 下がエノキ)
榎と椋木
葉の裏側の様子(左がエノキ 右がムクノキ)

ムクノキの基本データ

 

【分類】ニレ科/ムクノキ属

    落葉広葉/高木

【学名】Aphananthe aspera

【別名】ムク/ムクエノキ/ムクズキ

    モク/モクエノキ/モクノキ

【成長】早い 

【移植】簡単 

【高さ】10m~30m

【用途】公園/街路樹/神社/防風林

【値段】1000円~