庭木図鑑 植木ペディア > ミヤコヤナギ

ミヤコヤナギ/みやこやなぎ/都柳

Miyako-yanagi willow

葉っぱ
ミヤコヤナギの葉
ふゆめ,やなぎ
冬芽の様子
miyakoyanagi
芽出しと開花の様子
みやこやなぎ
雌花の様子
みやこやなぎ
雌花と葉の展開する様子
miyako yanagi
雌花と葉の展開する様子
葉
葉の裏面の様子
ミヤコヤナギの葉
新葉の様子
みやこやなぎ
成葉は長さ10センチほどになる
miyakoyanagi
紅葉期の様子
紅葉期の様子
紅葉期の様子
幹
樹皮の様子

【ミヤコヤナギとは】

・ヤナギ科の落葉低木で、キヌヤナギとネコヤナギの自然雑種とされる。昭和元年に京都府で発見されたため、ミヤコヤナギと名付けられた。庭木としての利用は少ないが、河川敷や湖畔で普通に見られる。

 

・葉は長さ5~10センチ、幅1~2センチで光沢のある表面の雰囲気はキヌヤナギに似るが、キヌヤナギよりも葉の幅が広い。裏面はネコヤナギのように細毛を密生しており、白っぽく見える。葉の縁には不規則に微かなギザギザがあり、軟毛のある小枝から互い違いに生じる。

 

・雌雄異株で3~4月になると雄株には雄花を、雌株には雌花が咲く。雄花は長さ3センチほどの楕円形で枝先に咲き、雌花は画像のような穂状でやや垂れ下がる。

 

【ミヤコヤナギの育て方のポイント】

・基本的には日当たりのよい肥沃な土地を好むが、適応力はあるため、痩せ地でも育てられる。

 

・自然な樹形を観賞するには広大なスペースが必要であり、一般家庭で庭木として利用する例は少ない。芽を出す力はシダレヤナギと同様で剪定は可能だが、樹形は乱れやすい。

ミヤコヤナギの基本データ

 

【分類】ヤナギ科 ヤナギ属

    落葉広葉 低木 

【学名】Salix x thaymasta

【別名】

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m 

【用途】護岸 

【値段】