マユミ/まゆみ/真弓

spindle tree

真弓の実 樹木
秋にできるマユミの実は、ピンク色のサイコロのよう
まゆみの木
マユミの冬芽
真弓,樹木
芽出しの様子
spindle tree
新芽と蕾の様子(3月上旬)
Japanese spindle tree
新葉の様子
樹木 まゆみ
マユミの成葉
マユミ 植木
樹形は奔放で、まとまりにくい
flower of spindle tree
マユミの花
開花時期
花の時期は5月ころ
spindle tree,fruits,picture
色付く前の実の様子
まゆみ,種子
紅葉と共に果実は色付き・・・
spindle tree,picture
熟すと中から種子が飛び出す
まゆみ,木の名前
紅葉期の様子
まゆみ,赤い実
ピンク色の実は枝に残り、冬季は庭の主役にもなり得る
spindle tree
真冬の様子
檀の木,樹皮
若い木の幹はこんな感じだが・・・・
まゆみ,花木
樹高は意外に6mにも達し・・・
マユミの樹皮 写真
古木の樹皮はコルク質が発達し、こんな感じになる

【マユミとは】

・沖縄を除く日本全国の山地に自生するニシキギ科の落葉樹。紅葉や個性的な果実を観賞するため、古くから庭木あるいは盆栽として親しまれてきた。日本以外でも朝鮮半島や中国、台湾に自生が見られる。

 

・マユミの葉には個体差や変異が多く、大きさや幅はバラエティに富むが、長さ5~15センチ、幅3~8センチほど。先の尖った楕円形で両面ともに毛はなく、葉の縁には細かなギザギザがある。秋には黄色から紅色になるが、地方や環境によっては橙色、黄色にとどまる。若芽をコノメ(木の芽)として食用することがあある。

 

・枝には柔軟性があり、よくしなる。弓(丸木弓)の材料になったことが縄文時代の遺跡によって証明されており、「真弓」と名付けられた。弓に使われた木には、イチイミズメケヤキニワトコヤマナラシなどがあるが、「真」は「最高の」意味があり、マユミが高級な弓材であったことが分かる。漢字表記にはほかに「檀」もある。 

 

・5~6月になると余り目立たないものの淡い緑色の小花を咲かせる。雌雄異株であり雌の木には雌花を、雄の木には雄花を咲かせるが、その中間のような花もあり、区別しにくい。花弁、萼片、雄しべは四つある。

 

・秋(10~11月)になるとサイコロステーキのような四角い薄紅色の実が鈴なりになる。これを目当てに鳥がよく集まるが、種には毒性がある。果実は長いあいだ枝に残り、地域によっては雪とのコラボレーションが見られる。

 

・果実は熟すと、ニシキギマサキと同じように四つに裂け、中からオレンジ色の種(仮皮種)が顔を出す。この様子を繭(まゆ)に喩え、繭実(まゆみ)が命名の由来であるとする説もある。 

 

・樹高は通常3m程度におさまるが、稀に15mほどの高さになる。直径は最大で20~30センチほど。老木になると樹皮に網目模様が入り、樹形自体も味わい深いものとなる。材は緻密で堅く、光沢のある白色が美しいことから、ツゲヤブツバキと同じように印鑑や将棋の駒あるいはコケシなどの民芸品を作る材料となる。

 

【育て方のポイント】

・基本的には病害虫に強く、丈夫な性質であり、育てやすい。

 

・日向から半日陰に植えるのがベターだが、寒さに強く、日陰でも育てられる。

 

・成長が早いものの、剪定によって適度な高さに抑えて育てることができる

 

・土質は選ばないが、花や実を十分に楽しむには肥料が必要。

 

・雄株には実がならないが、歳月を経れば実が成ることもある。

 

【マユミの品種】

アカミノマユミ~実の色が濃い変異種

・シロミノマユミ~実がクリーム色で、中の種(仮種皮)が赤い品種

 ほかにもアメリカマユミなどが知られる。

・百万石

 大きな赤い実がなる品種

・ホウキマユミ

 複数の細かい幹が箒状に生じる園芸品種

・ヒゼンマユミ

 九州や沖縄の一部地域に自生するマユミの仲間で、黄色い実ができる。マユミと名乗るが常緑樹であり、マユミよりはマサキに近い。

 

【マユミに似ている木】

 コマユミニシキギ ツリバナ マサキ 

マユミ 白実 画像
実が白い「シロミノマユミ」
檀の木,品種
「百万石」は大きな実ができる
ホウキマユミ,画像
ホウキマユミは幹が箒状になる
あめりかまゆみ 盆栽
アメリカマユミ
肥前檀,ひぜんまゆみ
ヒゼンマユミ

マユミの基本データ

 

【分類】ニシキギ科 ニシキギ属

    落葉広葉 小高木

【学名】Euonymus sieboldianus 

【別名】カワラマユミ/オトコマユミ

    ヤマニシキギ/ユミノキ 

【成長】早い

【移植】簡単 

【高さ】2m~6m

【用途】根締め/公園/盆栽

【値段】1000円~