ムクゲ(木槿)

Rose of sharon

木槿 画像
ムクゲの花言葉は「尊敬」「信念」など硬派なものが多い 
ムクゲ 木 特徴
新芽の様子
槿の花 葉っぱ
ムクゲの葉は長さ3~6センチほどで、三つに裂ける
槿 品種
葉に模様が入るフイリムクゲもある
木槿のツボミ 画像
ムクゲの蕾
槿の花の色
花はピンクや白の一重が多いが・・・
紅紫色の花 木槿
こんなに派手な品種もある
木槿 種子
花の後には実ができる
ムクゲの育て方
樹形は奔放で、まとまりにくい
木槿 紅葉
黄葉は綺麗とはいいがたい

 

【ムクゲとは】

・中国などの東アジアを原産とする落葉低木。世界中の温帯で広く育てられ、日本では江戸時代から多くの品種が作られる。花は五弁の一重、八重、半八重咲きがあり、色はピンク、白、紅紫、水色などがある。

 

・夏から秋にかけてずっと咲いているような印象があるが、一輪一輪は一日で散る「一日花」。次々に開花するため木全体としての花期が長い。

 

・挿し木したものが翌年に開花するなど生命力はすさまじいものがある。これにあやかって韓国ではムクゲを国の花としている。

 

・かつては垣根に使われることが多かったが、落葉性で目隠しにならないことや、大きくなり過ぎることから垣根としての需要は減っている。

 

・ムクゲという名前は中国名の「木槿(モクキン)」あるいは韓国名の「無窮花(ムグンファ)」が転訛したものと考えられる。別名の「ハチス」と呼ぶお年寄りも多い。

 

【育て方のポイント】

・日照さえあれば放置しておいても育ち、よほどの日陰や痩せ地でない限り開花する。

 

・枝は繊維質でやや剪定しにくいが、幹を途中で切断するなどといった相当強い剪定にも耐える。花はその年に伸びた枝の先につくため、春以降に剪定すると花数が減る。

 

・夏季にハダニの被害が見られることもあるが、それ以外は病害虫に強い。

 

【似ている木】

フヨウ

 

【ムクゲの品種】

 

 

 

 

ムクゲの品種
紫盃 しはい
青い花の
ブルーバード
大徳寺白 だいとくじ しろ
大徳寺白 だいとくじ しろ
槿 種類
レッドハート
白い花のむくげ
宗旦 そうたん
八重咲の品種
耳原花笠 みみはらはながさ
平家山 へいけやま
平家山 へいけやま
薄紫のむくげ
コーレスティス
ピンクデライト
ピンクデライト
赤一重
赤一重
アフロダイト
アフロダイト
キハチス 花の色
夏空 なつぞら
玉兎 たまうさぎ
玉兎 たまうさぎ
Rose of sharon
白一重 しろひとえ
大仙祇園守 だいせんぎおんまもり
大仙祇園守 だいせんぎおんまもり
プルチェリマス
プルチェリマス
雉鳩 きじばと
雉鳩 きじばと
大徳寺花笠
大徳寺花笠
ピンクのむくげ
ピンクジャイアント
リトルトミー
リトルトミー
ドクターウエモト
ドクターウエモト
ルーシー
ルーシー

ムクゲの基本データ

 

【分類】アオイ科 フヨウ属

    落葉広葉 低木    

【学名】Hibiscus syriacus

【別名】ハチス/キハチス

    モクゲ

【成長】かなり早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】垣根/公園/花木

【値段】800円~8000円