庭木図鑑 植木ペディア > ミヤマガマズミ

ミヤマガマズミ(深山ガマズミ)

Miyama gamazumi

ガマズミとミヤマガマズミ 見分け
秋にできる実は大粒で美しい
深山がまずみ ふゆめ
冬芽の様子
みやまがまずみ 新芽 画像
早春はダイナミックに展開する
開花時期 みやまがまずみ
開花は5~6月
miyamagamazumi hana
地味だが清楚で美しい
miyamagamazumi mi
花の後にできる実は、熟すにつれて真ん丸になる
ミヤマガマズミ 実 画像
ガマズミに似るが、垂れ下がるのが特徴
ミヤマガマズミ 紅葉
花や実もいいが、紅葉も素晴らしい
深山がまずみ 紅葉 画像 
 

【ミヤマガマズミとは】

・北海道から九州にかけた広い範囲の林内に見られる低木。花、実、紅葉が美しく、稀に庭木として使われる。日本のほか中国や朝鮮半島などにも自生が見られる。

 

・近縁のガマズミよりも標高が高い場所に多いことからミヤマ(深山)ガマズミと名付けられた。花や葉をはじめ全体的にガマズミよりも小さい。

 

・花期は5月~6月で写真のような白い小花を群生させる。ガマズミよりも一回りほど小さいが、花には同じように独特の香りがある。

 

・秋に熟す実は鮮やかな赤色でしばしばガマズミと混同されるが、ガマズミより少し大きく、形も真ん丸いため見分けられる。ガマズミ同様に食用あるいは果実酒として使うこともあるが味は落ちる。

 

・ミヤマガマズミの葉はガマズミよりも幅広で先端が尖るため菱形に近い。また、若い枝は紫色を帯び、その後徐々に色濃くなるのが特徴。

 

【育て方のポイント】

・丈夫な性質を持ち、管理しやすい。土質を選ばずに育ち、肥料もほとんどいらない。

 

・半日陰程度までは耐えるが、花や実を十分に楽しむには日向に植える。

 

・萌芽力はあるが自然樹形を楽しむ木であり、全体を刈り込むような手入れは不向き。剪定は冬季に乱れた枝を根元から取り除く程度にとどめる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花木 庭木の苗/ミヤマガマズミ樹高1m根巻き
価格:6296円(税込、送料別) (2017/9/16時点)


ミヤマガマズミの基本データ

 

【分類】レンプクソウ科/ガマズミ属

     落葉広葉/低木

【学名】Viburnum wrightii

【別名】

【成長】普通~やや早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】雑木の庭/公園 

【値段】1000円~