庭木図鑑 植木ペディア > マンサク

マンサク(万作・満作)

Witch hazel

マンサクの花 開花時期
早春の寒いうちに咲き始める
マンサクの種類
アカバナマンサク
万作 葉っぱ 写真
マンサクの葉(初夏)
まんさく 葉脈
葉の裏側は白く、脈がクッキリしている
マンサクの実 写真
葉と実の様子(7月ころ)
マンサクの紅葉
紅葉期の様子(アカバナマンサク)
満作の紅葉 万作
紅葉期の様子(アカバナマンサク)

【マンサクとは】

・早春、他の花に先駆けて「まず咲く」ことからマンサクという説や、枝いっぱいに花を付けることからマンサクとする説、花の様子が豊作を祈って踊る姿に似ているためマンサクとする説などがある。いずれにしても花のない時季に際立った黄色い花を咲かせる縁起がよい植木で、豊作に通じるとしてもてはやされる。

 

・マンサクの枝は折れにくいため、筏を編む材料とされた。別名の「ネジリキ」は、枝を捻って編むことからきた。

 

【育て方のポイント】 

・剪定を余り必要とせず、維持管理しやすいが、環境によっては鬱蒼とするほど生い茂る。狭い場所に適応させるために剪定することもできる。

 

・半日陰にも耐えるが、西日は苦手とする。 

   マルバマンサク
   マルバマンサク

【品種】

シナマンサク、マルバマンサク、アカバナマンサク、ニシキマンサク、シダレマンサク、アテツマンサクなどの種類がある。

 

・マルバマンサクは東北から島根までの日本海側を原産とする種で、葉の上半分が半円状になっている。関東地方には単なるマンサクが多く、関西地方にはマルバマンサクが多いとされるが、マルバマンサクの葉は個体差がや地域差があり見分けるのが難しい。

 

・アメリカマンサクの多くは黄色い花を咲かせるが、白い花を咲かせる「ホザキマンサク」や秋に開花するマンサクもある。

【類似種との見分け方】

・マンサクとシナマンサクの見分け方

 開花時期に前年の葉が残っているのがシナマンサクで、花だけが枝にあるのがマンサク。また、マンサクよりもシナマンサクの花の方が大きく、芳香も強い。

 

・近年、垣根などに多用されるトキワマンサクは、その名のとおり常緑樹で、葉はマンサクよりかなり小さい。

マンサクの基本データ

 

【分類】マンサク科 マンサク属

    落葉広葉 小高木

【学名】Hamamelis japonica SIEB. et ZUCC

【別名】ネジリキ、ネジ、ネソ

    キンロウバイ

【成長】やや遅い

【移植】根回しをすれば容易

【高さ】2m~10m

【用途】単植、鉢植、盆栽、切花

【値段】800円~8000円