庭木図鑑 植木ペディア > マメガキ

マメガキ/まめがき/豆柿

date plum

マメガキ 実 画像
実の直径は2センチ弱で、小柿ともいう
マメガキの木の芽
新芽の様子
豆柿,まめがき,葉,画像
マメガキの葉っぱ
しなのがき
裏面の様子
マメガキの花 画像
6月ごろ、葉の裏にクリーム色の花を咲かせる
シナノガキ,まめがき,特徴
熟すにつれ、緑、黄色、黒紫色に変わる
マメガキ 味
よく似たリュウキュウマメガキは葉柄が長く、ぶら下がる
豆柿 幹 画像
樹皮は暗い灰色で、不規則に裂け目ができる

【マメガキとは】

・中国を原産とする落葉高木。柿渋を採取するため、江戸時代に日本へ渡来し、カキノキの台木としても使われる。中国以外でも朝鮮半島や西アジアの各地に自生する。

 

・シナノガキ(信濃柿)という別名があるが、長野県で多く栽培されたことによるとする説、本種とシナノガキは別種とする説がある。

 

・葉は長さ6~15センチほどの細長い楕円形で、若葉のうちは毛があること、両端が尖ることが特徴。葉柄は短く、葉の両面とも葉脈にそって細かな毛がある。テカテカした普通のカキの木の葉っぱとは明らかに印象が異なる。マメガキとはいえ、樹高10m、幹の直径は40センチ近くになる。そのわりに枝が細いため全体に弱々しく見えることが多い。

 

・雌雄異株で6月頃にクリーム色の花が咲く。雌花は単独で咲き、雄花は1~3個がまとまって咲く。花も普通のカキより小さい。

 

・花の後にできる実は直径2センチ弱と小さい。完熟しても甘味があまりないため、美味しいとはいえないが、霜にあたれば甘味が出で、干しブドウのような味がする。実の中には種が1粒入っており、食べるのに手間がかかるが、種のない木も稀に存在する。

 

・果実を未熟なうちに収穫して臼で挽き、樽に詰めて暗所で発酵させて作るものが柿渋であり、和紙、布、紐などに塗って素材の防水性や防腐性を高めることができる。

 

・実は生薬「君遷子(クセンシ)」として凍傷の治療や血圧降下に使う。

 

【育て方のポイント】

・雌雄異株であり、実を採るためには両方の株が必要という説が根強いものの、厳密な雌雄はなく、複数を植えれば結果しやすい。

 

・日当たりの良い場所を好むが、夏の暑さや乾燥に弱く、条件の悪い場所では実が熟す前に消失する。植穴には腐葉土を入れ、株元には藁などを敷いて乾燥を防ぐのがよい。

 

・繁殖は播種によるのが普通。

 

【マメガキに似ている木】

ロウヤガキ

シセントキワガキ

リュウキュウマメガキ

カキ

・アメリカマメガキ

 アメリカを原産とするマメガキで、大正時代に日本へ渡来した。実は直径25~50ミリの濁ったオレンジ色で、紅色の斑点模様がある。果実は香りが良く、熟せば食用になる。

あめりかまめがき
アメリカマメガキの葉

マメガキの基本データ

 

【分類】カキノキ科 カキノキ属

    落葉広葉樹 小高木

【学名】Diospyros lotus

【別名】シナノガキ/コガキ/ブドウガキ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】10m~12m

【用途】果樹/鉢植え/盆栽

【値段】1500円~