庭木図鑑 植木ペディア > ビョウヤナギ

ビョウヤナギ/びようやなぎ/美容柳

Chinese hypericum

Chinese hypericum
長い雄しべが特徴
Chinese hypericum
新芽は赤味を帯びる
びようやなぎ,葉っぱ
名前の由来となる、柳のような葉
びようやなぎ,きんしばい
ツボミの様子
未央柳 庭木図鑑 画像
花言葉は「多感」
美容柳 庭木図鑑 画像
ビヨウヤナギの樹形
植える場所
水際の岩場に植えれば・・・
びようやなぎという樹木
紅葉が映える
美容柳,実
果実の殻と冬季の葉の様子
美容柳,木肌
低木であり幹は太くならない

 

【ビヨウヤナギとは】

・中国を原産とするキンシバイの仲間。日本の花にはない華美な雰囲気が好まれ、庭園用として広く使われる。中国名は「土糸桃」、「金糸海棠」、「土連翹」などだが、日本では「未央柳」、「美容柳」あるいは「美女柳」と表記される。

 

・6月から7月にかけて咲く黄色い花が美しく、葉の形や垂れ下がる様子が柳に似ることから名付けられた。

 

【育て方のポイント】

・温暖な地を好み、植栽適地は関東以南となる。

 

・基本的には丈夫な性質を持ち、生育は容易だが、乾燥を嫌う。

 

・根元からたくさんの新芽を伸ばし、株立ち状に育つが、剪定は好まず、刈り込むことで樹形を乱しやすい。

 

【ビヨウヤナギとキンシバイの見分け方】

 ビヨウヤナギの花はキンシバイより圧倒的に大きい。また、ビヨウヤナギは、花の中にある「雄芯」の数が多い上に、花びらの外に飛び出すのが特徴。  

ビヨウヤナギとキンシバイ 違い
ビヨウヤナギ
キンシバイとビヨウヤナギ 区別
キンシバイ

ビヨウヤナギの基本データ

 

【分類】オトギリソウ科 オトギリソウ属

    常緑広葉(半落葉) 低木 

【学名】Hypericum chinensis

【別名】ビジョヤナギ    

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】0.5m~1m

【用途】切り花/洋風庭園/公園

【値段】800円~