庭木図鑑 植木ペディア > ヒュウガミズキ

ヒュウガミズキ/ひゅうがみずき/日向水木

Buttercup winter hazel

開花時期 ひゅうがみずき
開花は3~4月
ひゅうがみずき,ふゆめ
冬芽の様子
日向水木,花芽
3月に入ると黄色いものが見えてくる
日向水木 開花時期
咲き始めの花は、やや気持ち悪い
Buttercup winter hazel
トサミズキに似るが、明らかに小さい
Buttercup winter hazel
開花時期には周囲を照らし、 よく目立つ
日向ミズキ 葉っぱ
葉はハート形。新芽は赤味を帯びる(初夏の様子)
ヒュウガミズキの実
種子は10月頃に黒く熟す
紅葉 黄葉 ヒュウガミズキ
黄葉の様子(手前)
ひゅうがみずき,花木
紅葉期の様子

【ヒュウガミズキとは】

・春に咲く黄色い花は可憐で美しく、秋の黄葉も観賞価値があるため庭園や公園でしばしば利用される。花は控えめであり、雑木の庭や和風庭園にも使われる。

 

・原産地が日向の国(宮崎県)だとして名付けられたが、実際は近畿地方北部の産であり、誤解に基づく。北海道南部まで植栽できる。

 

・枝がよく分岐し、たくさんの花を楽しむことができる。

 

・葉は小さなハート型で葉脈と呼ばれるスジが目立つ。

  

【育て方のポイント】

・本来は自然な樹形を楽しむべき樹種だが、刈り込みに強いため樹形を整えることもできる。

 

・日向であれば土質を選ばない。しかし、日陰では花つきが悪い。

 

・芽を出す力が強く病害虫、潮風にも強い。

 

・成長が早いため、大株になりやすい。

 

【ヒュウガミズキに似ている木、見分け方】

トサミズキによく似るが、ヒュウガミズキは枝、葉、花のすべてがより小さい。 

ヒュウガミズキの基本データ

 

【分類】 マンサク科 トサミズキ属

     落葉広葉 低木 

【学名】 Corylopsis pauciflora 

【別名】 ヒメミズキ/イヨミズキ 

【成長】 早い 

【移植】 簡単 

【高さ】 1m~3m 

【用途】 花木/公園/垣根/切り花  

【値段】 500円~