庭木図鑑 植木ペディア > ヒメシャラ

ヒメシャラ/ひめしゃら/姫沙羅

Japanese stuartia

株立ち 姫沙羅
ヒメシャラは株立ちに人気がある
姫沙羅の木,樹木,ひめしゃら
ヒメシャラの冬芽
Japanese stuartia,leaf
ヒメシャラの新芽
ひめしゃらの木
ヒメシャラの新葉
ヒメシャラ 特徴
初夏の葉の様子
Japanese stuartia,picture
「ヒメ」でも高さは15m程度になり得る
ひめしゃら,樹木
蕾の様子
姫沙羅,ひめしゃら,花言葉
ヒメシャラの花言葉は「謙譲」 控え目な様子からか
開花時期 ヒメシャラ
花は梅雨の時期に咲く
姫沙羅の実
花の後には実ができ・・・
ヒメシャラという木の特徴
褐色に熟す
姫沙羅,ひめしゃら,紅葉
ヒメシャラの紅葉(ピンクヒメシャラ)
himesyaranoki
モミジの紅葉に映えるヒメシャラの幹
姫沙羅 幹 画像
「日本三大美幹」に数えられるヒメシャラの樹皮
日光植物園,姫沙羅の木
時にはこうした模様になることも
材木
台風のため伐採されたヒメシャラ

【ヒメシャラとは】

・箱根以西の本州(中国地方を除く)、四国及び九州の山地に分布するツバキ科の落葉高木。樹皮や初夏に咲く控えめな花の雰囲気が好まれ、古くから庭木として寺院や茶庭に使われる。新緑や紅葉も美しく、全般に明るい雰囲気を持つことからシンボルツリーとして一般家庭の玄関付近に植栽される例も多い。

 

・ヒメシャラという名前は、シャラノキ(ナツツバキ)よりも花や葉が小さいことによる。シャラノキは本来、インド原産の沙羅双樹のことであるが、仏教が日本へ伝播した際に沙羅双樹がなかったため、日本に自生するナツツバキを沙羅双樹ということにしたもの。

 

・開花は6~7月で、葉の付け根から生じた花茎に直径1.5~2センチの白あるいは薄ピンク色の小花が下向きに咲く。花は形こそツバキに似るが、花弁はより薄くて小さく、雰囲気は異なる。花の後にできる果実もツバキとはだいぶ異なった木質で、10月頃に熟すと自然に裂けて中からレンズ型の種子が飛び出す。

 

・葉は長さ3~3センチ、幅1~2センチで縁には浅いギザギザがあり、先端は尖る。裏面の葉脈上には軟毛があり、白っぽく見える。秋になると紅葉するが、乾燥地では葉がチリチリになって観賞価値が下がる。

 

・若い木の枝はジグザグ状に伸びるが、樹齢を重ねると枝は上へ伸び、樹形全体としては箒を逆さにしたようになる。幹は直立し、若木の樹皮は赤褐色でツルツルしているが、次第に灰色っぽい模様が出て樹皮がまだらに剥離し、最終的には、再度、赤褐色になる。

 

・成木の樹皮はサルスベリに似た触感があり、地方によっては本種をサルスベリと呼ぶ。幹の美しさからヒメシャラはアオギリシラカバと並ぶ、「日本三大美幹」と称され、冬の林間では特に目立つ。材も赤褐色で硬く、彫刻、器具、床柱に使われる。

 

【ヒメシャラの育て方のポイント】

・性質はナツツバキとほぼ同じだが、より温暖な地を好む。また、本来は栄養豊富で湿気のある山地に自生するため、土が合わないとうまく育たない。ナツツバキに比べると適応力は低めであり、移植後に枝先から少しずつ枯れていくことも多いため。植える場所には腐葉土を漉き込むなどして土壌を整えた方がよい。

 

・幹は直立し、放任しても整った樹形になる。自然樹形を楽しむ木であり、剪定は最低限ですむ。ノコギリ等で剪定すると、格段に樹形が乱れる。また、花はその年に伸び枝に咲くため、春から初夏にかけての剪定は避けたい。

 

・日なたを好むが、根が浅く乾燥しやすい。夏の強い日差しや西日は苦手とし、乾燥すると葉焼けを起こすため、根元に下草を植えるなどの対策が必要になる。花木としては日陰に強い。

 

・ツバキやサザンカ同様に、チャドクガの被害に遭うこともある。ゴールデンウイーク前は特に葉の裏を観察し、卵の段階で早めに除去するのが望ましい。

 

・幹はナツツバキよりも美しいとされる。広い庭があれば複数本を植えて幹の美しさを強調するのもおもしろい。 

 

【ヒメシャラの種類】

・トウヒメシャラ

 花や実がより大きい。幹には画像のような黒い線が入る。

 

・トウゴクヒメシャラ

 トウヒメシャラの変種で葉の裏面に毛がある。  

とうひめしゃら,木
トウヒメシャラの幹

【ヒメシャラに似ている木、見分け方】

・ヒメシャラとナツツバキの違い

 花~ナツツバキの花はツバキ大になるが、ヒメシャラの花はあまり目立たない。

 幹~ヒメシャラはサルスベリという別名があるように幹が滑らかになるが、ナツツバキは樹皮が半端に剥がれ落ちて模様ができる。

 紅葉~ヒメシャラは赤く紅葉する。 

■良品庭木■ヒメシャラ(姫シャラ)夏ツバキ6号

■良品庭木■ヒメシャラ(姫シャラ)夏ツバキ6号
価格:2,280円(税込、送料別)

ヒメシャラの基本データ

 

【分類】ツバキ科/ナツツバキ属

    落葉広葉/小高木

【学名】Stewartia monadelpha

【別名】ヤマチシャ/アカギ/アカラギ

    サルスベリ/サルタノキ

【成長】やや早い

【移植】やや難しい

【高さ】7m~15m

【用途】花木/公園/茶庭/切花

【値段】1,500円~