庭木図鑑 植木ペディア > ヒメウツギ

ヒメウツギ(姫卯木)

Hime utsugi

姫卯木
扱いやすく、ウツギよりも庭木に向く
ひめうつぎ 特徴
ヒメウツギの冬芽
ひめうつぎ 花
つぼみは可愛らしい
葉っぱ
ヒメウツギの葉
ヒメウツギ 刈り込み
うまく管理すればこんな感じになる
剪定 ひめうつぎ
サツキのように刈り込まれると、花は少なくなる
ひめうつぎ こうよう
紅葉の様子
Hime utsugi
冬は寂しい感じになる

【ヒメウツギとは】

・関東以西の本州、四国及び九州に分布するユキノシタ科の落葉低木。名前のとおり小型のウツギであり、日当たりの良い川岸に多いが、条件の厳しい石灰岩などの岩場でも見られる。

 

・管理しやすく、いわゆるグランドカバーとしても使えるため、庭木としてはウツギよりも人気が高い。山野草として扱われることも多い。

 

・開花は5~6月。花は直径1.5センチ程度で、雄しべの花糸と呼ばれる部分が他のウツギより角ばる特徴を持つ。

 

・葉は細長く、縁には細かなギザギザがある。

 

【育て方のポイント】

・非常に丈夫な性質を持ち、放任気味でも密な株立ちになるが、花や紅葉を楽しむには日向に植える必要がある。

 

・芽を出す力は強いため、写真のように刈り込みバサミで手入れする例もあるが、枝が垂れ下がり、時に匍匐するのが自然であり、人工的な樹形に仕立てるのは好ましくない。

 

・花は前年に伸びた枝に咲くため、剪定の時期に注意する必要がある。

 

【品種、類似種】

・アオコウツギ、ブンゴウツギ、アオヒメウツギ(コヒメウツギ)、赤花種など、変種が多い。

ヒメウツギの基本データ

 

【分類】ユキノシタ科 ウツギ属

    落葉広葉 低木

【学名】Deutzia gracilis

       Siebold et Zucc

【別名】

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】30cm~1.5m

【用途】花木/鉢植え

【値段】800円~