庭木図鑑 植木ペディア > ヒトツバタゴ

ヒトツバタゴ

Chinese fringetree

ひとつばたご 花ことば
花言葉の「清廉」どおり、清楚な雰囲気を持つ
ナンジャモンジャの木 何
冬芽の様子
ナンジャモンジャの葉っぱ
若葉の様子 葉の縁がギザギザになることもある
ヒトツバタゴ 葉っぱ 画像
葉の裏側は白っぽい
ナンジャモンジャ 花
花びらは4枚だが、風で落ちやすい 
ナンジャモンジャ 開花時期
白い花が多い時期に咲くが、背丈は一際、高い
ウミテラシ 花
散った花弁は水面を照らす。「海照らし」という地方名もある
ひとつばたご 木
自生地では高さ30mもの大木になる
ヒトツバタゴ 特徴
枝の皮がめくれる特徴を持つ
ナンジャモンジャ 種子
実は直径1センチ弱で・・・
ヒトツバタゴ 特徴 実
10月頃に熟して表面に粉をふく
ひとつばたご 葉っぱ 紅葉
秋には黄葉する
ヒトツバタゴ 幹 写真
樹皮はモクセイに似ず、クヌギなどに近い

【ヒトツバタゴとは】

・モクセイ科の落葉広葉樹で、日本では愛知県犬山市、対馬列島、岐阜と長野の県境など極限られた地域に自生する。絶滅が危惧されるほど個体数は少ないが、ギンモクセイとヒイラギの交雑種とする説もある。日本以外では朝鮮半島や台湾にも分布が見られ、当地では「亭子(日本でいう東屋)」に添える「亭子木」として使われる。

 

・ナンジャモンジャと呼ばれる木の代表種であるが、ナンジャモンジャとは名前が分からない大木に付けられた総称であり、特定の樹種を示すものではない。

 

・タゴノキ(=トネリコ)に似るが、タゴノキが複数の葉を持つのに対して、画像のように葉が一枚ずつ生じることから、水谷豊文氏(木草学者)によってヒトツバタゴと名付けられた。

 

・雌雄異株で開花は5~6月。花は弱々しく、簡単に風で飛び散ってしまうため観賞期間は限られる。開花期には木の下に雪が降ったように真っ白になる。

 

・秋にできる実は黒紫色で、ネズミモチイボタノキに似る。表面に粉を吹くのが特徴。

 

【育て方のポイント】

・自生地から分かるように、比較的温暖な地を好み、植栽の適地は関東地方以南となる。

・土質は選ばずに育つ。

・樹形は自然に整いやすく、剪定を好まない。強度に剪定されたものは貧弱な樹形になる。

・花は、その年にできた枝に咲くため、春先に刈り込むと開花は望めない。

 

【似ている木】

・イボタノキ

アオダモ

ヒトツバタゴの基本データ

 

【分類】モクセイ科 ヒトツバタゴ属

    落葉広葉 高木

【学名】Chionanthus retusus Lindl. et Paxton

【別名】ナンジャモンジャ/ウミテラシ(海照らし)

【成長】やや早い

【移植】普通

【高さ】4m~30m

【用途】公園/庭園

【値段】1500円程度~