庭木図鑑 植木ペディア > バイカツツジ

バイカツツジ/ばいかつつじ/梅花躑躅

梅花つつじ
初夏になるとウメに似た白い花を咲かせる
ふゆめ,植物
冬芽の様子
バイカツツジの葉っぱ
全体に毛が多いが、新葉では特に目立つ
ばいかつつじ,葉
成葉の様子
ばいかつつじ,植物
花言葉は「初恋」など
baikatutuji
紅葉の様子
種子
冬芽(上部)と果実(下部)の様子
ばいかつつじ,幹
樹齢を重ねると紫がかった暗褐色になる

 

【バイカツツジとは】

・北海道(渡島半島)、本州、四国及び九州の山地で普通に見られるツツジの仲間。初夏に咲く小さな白い花や秋の紅葉を観賞するため、庭木や花材として扱われる。花の形がウメに似るためバイカツツジと名付けられた。

 

開花は6~7月で、新葉の葉陰に1~数輪が控えめに咲く。花の直径は2センチほどで花筒は短く五つに裂け、横向きかつ半開きになる。5本ある雄しべのうち、下の3本が長く、シベ全体に軟毛を生じる。花色は白だが上面に薄紫色の斑点模様が入る。花の後には画像のような球形の果実ができ、熟すと五つに裂ける。

 

・葉は長さ3~6センチの楕円形で先端が尖り、数片が枝先に集まってつく。葉の縁には毛状の細かなギザギザがあり、裏面の葉脈上、若い枝、葉の柄には毛が密生する。秋の紅葉は色合いが濃く、花材としては花よりも紅葉を目的とする場合が多い。

 

【バイカツツジの育て方】

・半日陰でも耐えるが、日照の大好きな陽樹であり、健康に育てるならば日差しと湿気のある場所がベター。日陰では枝が間延びしたような感じになる。

 

・剪定に耐え、枝分かれも多いが、刈り込んで真ん丸にするよりも自然な感じに仕上げたい。

 

・酸性土壌を好むため、植穴には事前にピートモス等を漉き込むとより良い。

 

【バイカツツジに似ている木】

・トキワバイカツツジ

 愛媛県津島町に固有の品種で、4~5月に淡い紫の花を咲かせる。バイカツツジとは異なる常緑性であり、冬でも葉が落ちない。 

バイカツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科 ツツジ属

    落葉広葉 低木

【漢字】梅花躑躅(ばいかつつじ)

【別名】ドウダンヤマツツジ

【学名】Rhododendron

    semibarbatum Maxim

【英名】Baika-tsutsuji

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】1~3m

【用途】公園/庭園 

【値段】1980円~