庭木図鑑 植木ペディア > ハルニレ

ハルニレ(春楡)

Japanese Elm

春楡 新芽
ハルニレの冬芽
Japanese Elm
新芽の様子
春楡の木 葉っぱ
新葉の様子
樹高 はるにれ
新緑の頃の様子
はるにれのき 画像
成葉の様子
Japanese elm tree
裏面の様子
病気 虫
暖地では病害虫が多く、健全な葉は少ない
Japanese elm
アブラムシによるハルニレハフクロフシ
紅葉
暖地ではあまり綺麗に黄葉しない
ハルニレの幹 画像
樹皮の様子
開花期の様子
開花期の様子

【ハルニレとは】

・北日本を中心とした寒冷地に分布する落葉高木。沢沿いなどの湿地に多く、樹高は最大で30m以上に達し雄大な樹形となる。生育に適した北海道では特に大木が多い。

 

・春に花が咲くため、秋に開花するアキニレに対してハルニレというが、単にニレという場合は本種を指す。開花は3~5月で、若葉が展開する前に咲くものの、高い場所に咲くため目立たない。雄しべと雌しべを持つ黄緑色の両性花で、10個前後が束になって咲く。花は小さいが花言葉は「威厳」で、雄大な樹形にちなむ。

 

・花の後にはたくさんの実がなり、5~6月頃に熟す。実の大きさは1.5センチほどで奇妙な形の翼を持ち、これを蒔けば増やすことができる。

 

・葉はサクラに似るがやや分厚く、縁のギザギザが目立つ。葉の下半分が左右非対称であるのが特徴。大きさは10センチ×5センチほど。寒冷地では秋の紅葉が美しい。 

 

・樹皮は画像のように灰褐色で、樹齢を重ねると縦縞やささくれができやすい。樹皮を剥ぐとヌルヌルした液が生じることからニレと呼ばれる(滑れ=ぬれが転訛した)。この樹液は紙漉のツナギに使われる。

 

・材はオレンジ色で別名を「アカダモ」という。建材、器具材、楽器材として使われる。

  

【育て方のポイント】

・日陰でも日向でも育つが、湿気と栄養分のある土地を好む。

 

・丈夫で成長が早いものの剪定は好まない。広いスペースが必要であるため、一般家庭の庭木としてはあまり使われない。

 

・アキニレに比べて大気汚染に強いため街路樹にも使われるが、暖地ではアブラムシの被害が多く、まともな葉っぱにならないことがある(オカボノクロアブラムシによるハルニレハフクロフシという状態)

 

【品種】

・コブニレ~幹や枝のコルク質が発達してコブ状に隆起する品種。 

ハルニレとアキニレの違い

【ハルニレとアキニレ】

 

写真のとおり葉の形、大きさがまったく異なる(左がハルニレ、右がアキニレ。ただし大きさについては時季や個体によって異なる。)

ハルニレの基本データ

 

【分類】ニレ科/ニレ属

    落葉広葉/高木 

【学名】Ulmus davidiana var.japonica

【別名】ニレ/アカダモ/エルム/ヤニレ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】15m~35m

【用途】街路樹/公園/盆栽  

【値段】1000円~