庭木図鑑 植木ペディア > ハゼノキ

ハゼノキ/はぜのき/櫨

Japanese wax tree

かぶれ 葉っぱ
紅葉の美しさが特徴だが、葉に触れるとかぶれる
ハゼノキ,はぜのき,新芽
冬芽の様子
櫨 葉っぱ 画像
ハゼノキの葉(夏)
蝋の木,蕾
ツボミの様子
ハゼノキ,はぜのき,花,写真
初夏にクリーム色の小花が咲く
花 櫨
アップで見るとこんな感じ
ハゼノキ,実,写真
花の後に実ができ始める
ハゼノキ 特徴
樹高は10mほどになる
はぜのき,樹木
晩夏になると赤い葉が混じるのが特徴
ハゼノキ かぶれ
手軽に紅葉を楽しめるため公園などに多い
ハゼノキ 紅葉
秋の様子。黒く見えるのは実
櫨,はぜのき,種子,写真
紅葉時期の実の様子
ハゼノキ 高さ
樹高は10m程度に達するが・・・
bonsai,hazenoki
盆栽にも利用される
土師の木,果実
果実は葉が落ちた後も枝に残る
ハゼノキ,幹
若木の樹皮は滑らかだが、老木では網目状になる

【ハゼノキとは】

・関東地方以西の本州、四国、九州及び沖縄にかけた海沿いの山地に分布するウルシ科の落葉樹。原産地は中国、東南アジア、インドなどだが、室町時代以降(諸説あり)に渡来し、その後に各地で野生化したと考えられている。四季を通じて変化に富むため、関東以西では庭木として使われる。

 

・江戸時代から昭和初期までは、この果実から蝋を採取し、和蝋燭や鬢付け油などに用いた。別名をロウノキという。

 

・別名の「リュウキュウハゼ」はハゼノキを使った蝋作りの文化が琉球王国から伝播したことに由来する。また、材木として扱う場合は単にハゼという。

 

・5月~6月にかけて円錐状に開花する黄緑色の小花も奥ゆかしさがあって美しい。

 

・9~10月ころに成熟する果実は白色の楕円形で、直径は1センチほど。中にはツルツルしたオレンジ色の種が入っているが、蝋燭に使うのは種ではなく皮の部分で、ハゼノキなど樹木から採取した蝋を「木蝋」という。高カロリーな果肉は野鳥の食料にもなる。

 

・葉は4~8対の小葉が集まって羽根状になる。小葉は先の尖った楕円形で縁にギザギザはなく、表裏ともに毛はない。紅葉の色が埴輪に似ているため、埴輪を作る職人「埴師(はにし)」の木が転化してハゼノキとなった。暖地でも美しく紅葉する貴重な木として用途は多い。

 

・幹を傷つけるとウルシのような樹液が出てくるが、ウルシのように塗料として使うことはほとんどない。しかし、染料としては秀逸であり、平安時代から天皇の装束「黄櫨染御袍」に使われる。

 

・幹の直径は最大で60センチほど。材はウルシニガキと同じように鮮やかな黄色となる。軽量かつ弾力があり、黄色を生かして寄木細工に、弾力性を生かして和弓の部材に使われる。

 

【育て方のポイント】

・日当たりと水はけが良く、なおかつ栄養分のある場所を好む。

 

・病害虫の被害はほとんどない。

 

・葉を落としている冬季が剪定の時期。刈り込まずに不要な枝を付け根から切除する。しなやかな枝振りを楽しむ木であって、しっかりと樹形をまとめるような手入れは向かない。また、本来は剪定されるのを好まない木であり、強度の剪定によって枝が枯れ込むこともある。

 

・寒さにやや弱いため、植栽の適地は関東地方以西となる。他の地域では盆栽などとして鉢植えで楽しむのがベター。

 

・皮膚が弱い人は、かなりの確率でかぶれるため、注意が必要。

 

【ハゼノキに似ている木】

・ヤマハゼ~日本の自生種でハゼノキに似るが、枝葉に毛がある。

ナンキンハゼ

ニワウルシ

ハゼノキの基本データ

 

【分類】 ウルシ科 ウルシ属

     落葉広葉樹 高木

【学名】 Rhus succedanea

【別名】 ハゼ/リュウキュウハゼ

     ロウノキ/ハジモミジ

【成長】 早い

【移植】 普通

【高さ】 5m~10m

【用途】 雑木の庭/盆栽/採蝋用 

【値段】 800円~