庭木図鑑 植木ペディア > ボダイジュ

ボダイジュ(菩提樹)

Linden

菩提樹 画像 木
釈迦が悟りを開いたのは本種ではなくインドボダイジュ 
ボダイジュ 葉っぱ
新緑の様子
ボダイジュの葉っぱ 画像
成葉の様子
菩提樹の花 つぼみ
蕾の様子
開花時期 菩提樹
初夏に咲く花は清々しい香りがある
ボダイジュ 特徴
樹皮は樹齢を重ねると浅く裂ける

【ボダイジュとは】

・中国を原産とするシナノキ科の落葉樹。臨済宗の開祖である栄西が中国の天台山にあった本種を持ち帰ったことを起源とする説と、筑紫の国(福岡県)に渡来したものが全国に広がったとする説がある。

 

・釈迦がその木の下で悟りを開いたとされるインドボダイジュは熱帯性であり、中国や日本には自生しないため、本種をその代用とする。

 

・寺院の境内に多く植栽されたことから、一般家庭(在家)で庭木として使われるのはごく稀。北国では街路や公園に使われ、野生化したものもある。

 

・葉は長さ5~10㎝ほどの細長いハート型だが、左右の形が微妙に異なる非対称であるのが特徴。葉は枝から互い違いに生じ、裏面や付け根には細かな毛が密生している。

 

・5月~6月にかけて咲く花は写真のような黄緑色で微香があり、多数の雄しべが顔を出す。花にはヘラ型の「苞」と呼ばれるものがセットになっている。たいていは高い場所に開花するため観賞しづらい。

 

・花の後には直径7~8mmの実(「菩提子」という)ができ、10月ごろ褐色に熟す。球形で念珠の材料となる。これが菩提樹と呼ばれる所以の一つ。

 

・樹皮は紫がかった灰色で、樹齢を重ねると浅く裂ける。

 

【育て方のポイント】

シナノキと同様に土質を選ばず丈夫に育つが、基本的には湿気のある肥沃な土地を好む。

 

・樹形を小さく維持すると不自然な樹形になることから、狭いスペースでの植栽はお勧めできない。

 

・暑さにやや弱く、植栽の適地は関東以北の本州や北海道となる。

 

【似ている木】

・いわゆる菩提樹と呼ばれるものには、①本種と②インドゴムノキ、③ネンジュボダイジュの三種があり、これらは性質も形態も異なる。仏教的にはインドボダイジュが本家本元。ネンジュボダイジュはホルトノキの仲間で、実が高級な念珠の材料になることから関連付けられた。これらのほかにオオバボダイジュ、ナツボダイジュ、フユボダイジュ、セイヨウボダイジュなどがあり、ややこしい。

ボダイジュの基本データ

 

【分類】シナノキ科 シナノキ属

    落葉広葉 高木

【学名】Tilia miqueliana

【別名】アオジナ/カンザシノキ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】10m~20

【用途】公園/街路樹

【値段】2000円~