庭木図鑑 植木ペディア > ユキツバキ

ユキツバキ(雪椿)

Yukitsubaki

ユキツバキとヤブツバキ 違い
日本海側に固有のツバキ
ヤブツバキ 見分け 違い
ヤブツバキに比べて、縁のギザギザがはっきりしている
ゆきつばき 特徴
樹高は積雪に応じるため、少雪地に植えれば上へ伸びる
雪椿 藪椿 見分け 方法
ユキツバキの枝は、しなやかで折れにくい

【ユキツバキとは】

・奥羽地方(東北)から北陸及び山陰地方の日本海沿いに見られるツバキの一種。名前からは雪のように白い花が咲くツバキを連想するが、名の由来は雪に耐えて育つことにある。枝がしなやかで豪雪に押しつぶされても、春になると枝を持ち上げて開花する力強さを持ち、初めて発見された新潟県では「県木」に指定される。

 

・ユキツバキは、太平洋側の山野に分布するツバキの基本種「ヤブツバキ」が、日本海側の気候に応じて変化したとする説が根強い。樹高は積雪高と密接な関連があり、雪の上に顔を出すことはない。このためユキツバキの樹高を見れば、その土地の最大積雪量の見当がつく。

 

・花期は4~6月。花は画像のとおり深紅色で水平に開き、黄色い雄しべの柄が目立つ。一重が基本だが稀に八重咲の個体もある。ヤブツバキと異なり、実がなるの稀で、ツバキ油を採るのは難しい。(ユキツバキを親として作られた園芸品種にはいろいろな花が咲き、実ができるものもある。)

 

・葉はヤブツバキに似るが、やや薄く日に透かすと葉脈がはっきりと見える。また、葉の縁のギザギザ(鋸歯)はヤブツバキよりも鋭い。

 

・樹皮はヤブツバキと同じように白みがかるが、下枝は地を這うように伸びる。

 

【育て方のポイント】

・性質はヤブツバキとほぼ同様で、土質を選ばず丈夫に育つ。

・一年中、光沢のある濃緑の葉をつけており、目隠し、風よけとして使うことができる。

・半日陰地を好み、日陰にも強い(日差しが強い場所では葉色が悪い)。

・暖地性のヤブツバキに比べ、冬の寒風や乾燥に弱い。

・住宅地ではチャドクガの被害に遭いやすいため、消毒や剪定が不可欠なる。

 

【ヤブツバキとユキツバキの見分け方】

・開花期であれば雄しべの花糸の色の違いで見分けれる。ヤブツバキは花糸が白いが、ユキツバキは黄色い。また、ユキツバキは花弁の先端が凹む。

・葉で見分ける方法は上述のとおりで、日に透かして葉脈が見えればユキツバキ、見えなければヤブツバキとなる。ただし、ヤブツバキとユキツバキの中間種である「ユキバタツバキ」というのもあり、話はややこしい。

ユキツバキの基本データ

 

【分類】ツバキ科/ツバキ属

    常緑広葉/低木

【学名】Camellia japonica var.decumbens

【別名】オクツバキ/ハイツバキ

【成長】ややい

【移植】

【高さ】1m~2m

【用途】花木/生垣

【値段】800円~20000円